となりのトトロ となりのトトロ
原作: 宮崎 駿  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ヴィンニ!(1) 日曜日島のパパ自信を持っておすすめしたい みんなの声

ヴィンニ!(1) 日曜日島のパパ 作:ペッテル・リードベック
絵:杉田 比呂美
訳:菱木 晃子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2009年06月
ISBN:9784001156270
評価スコア 4.25
評価ランキング 18,430
みんなの声 総数 3
「ヴィンニ!(1) 日曜日島のパパ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 日本とは違う空気なのだろうなあ

    スウェーデンの島が舞台です。
    夏休みの間、パパがいる島で暮らすヴィンニ。
    性格の違いか、はたまた住みたい場所の違いかわかりませんが
    パパとママは離婚して別々に暮らしています(ヴィンニは普段はママと一緒に街で暮らしています)。日本にだって、こんな風にお休みの
    時だけパパなりママなりと過ごすちびっこだっているとは思うのですが、空気が違う気がして。すごくあっさりしているように思えました。パパの恋を受け入れているであろうヴィンニの様子も。
    舞台が北欧だからなのかなあ、どうなのかなあ。作家にもよるのかもしれないなあ。ひとつひとつのお話が、短いので、子どもでも、気楽な気持ちで読めそうに思います。

    投稿日:2019/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 島で過ごす夏休み

    菱木晃子さんのお話を聞いて『海の島』を読んで、冬休みだし何か長編が読みたいと思い、引き続き菱木さんの翻訳本を読みました。

    8歳の少女・ヴィン二は、夏休みの間、離れて暮らすパパと日曜日島で過ごします。

    両親が離婚していて、それぞれにパートナーがあるあたり、少し切ないほろ苦い感じや子どもなりに気を遣っている様子が感じられました。

    「子どもを愛するイエスさま」の歌の歌詞の内容のヴィンニなりの解釈を読んだ時、父譲りの言葉の感覚が鋭い子なんだなあと思いました。

    途中でもうすぐ小学3年生になるという記載がありますが、対象は中学年以降でしょう。

    続きもあるようなので、ヴィンニのこれからの成長ぶりが楽しみです。

    投稿日:2013/12/24

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



SNS犯罪から子どもを守るために。友達思いなにわとりのお話

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット