宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

地球というすてきな星」 その他の方の声

地球というすてきな星 作・絵:ジョン・バーニンガム
訳:長田 弘
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1998年10月
ISBN:9784593503872
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,511
みんなの声 総数 13
「地球というすてきな星」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • すなおに胸に染み渡る絵本です。

    神様は、地球を作った後、何万年も寝ていました。起きて地球を見に行ってみると、変わり果てた地球に驚きをかくせません。地球を守ってほしいというメッセージを、二人の子どもに託します。

    きれいな地球の写真と、バーニンガムの絵、訳者の長田弘さんのきれいな日本語がとてもうまく合わさっていて、とてもやさしい絵本に仕上がっています。

    自然を守ろうという教育的なメッセージの作品なのですが、押し付けがましさがなく、素直に受け止めることができました。

    今、大人にも子どもにも読んで欲しい絵本だと思います。

    投稿日:2006/04/01

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / くだもの / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット