しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

しりたがりやの ふくろうぼうや」 その他の方の声

しりたがりやの ふくろうぼうや 作:マイク・サラー
絵:デービッド・ビースナー
訳:せな あいこ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1992年
ISBN:9784566003002
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,543
みんなの声 総数 34
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ママにも

    日々、時間に追われて、とても忙しい子育て中の、ママ、パパに、おすすめです。
    こんな風に、ゆったりと、子育てできたら、どんなにいいでしょう。
    理想かもしれませんが、ちょっと荒んだ気持ちをリセットするのに、役立たないかな…と思いました。

    投稿日:2017/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたたかい気持ちに

    表紙にひかれて読んでみれば、とてもすてきなお話でした。
    しりたがりやのふくろうぼうや。お母さんは、自分でその答えをさがさせ、見守ります。
    お母さんとぼうやの会話をとおして、親子の深い愛情がつたわってきて、あたたかい気持ちになりました。

    投稿日:2017/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふくろうのアウリーぼうやは知りたがりや。
    子供って二歳から三歳くらいの時、よく「なんで?」「これ何?」「どうして?」こんな事をいっぱいいっぱい聞きたがるものですね。(親は少なからず、こんな経験が有ることでしょう)

    ふくろうぼうやがお母さんに「おそらに、どれくらい おほしさまが あるの?」
    おかあさんはこんな質問に「かぞえてごらん」
    そう言って、ふくろうのぼうやが納得するまで待つのです。
    そして「いくつあった?」
    空の高さ、海の深さ、波の数、いろんな質問にお母さんはどのように答え、子供と向き合うのか、学ばされます。
     
    ふくろうかあさんの子育ては愛情に満ちています。
    だから知りたがりやのぼうやは、自分で探求し身体で覚えるのですね。
    そして 何より こどもは お母さんのことが大好きで抱きしめてほしいのだと言うこと 
    その子供のきもちにふくろう母さんはなんと深い愛で答えていることでしょう。 
    深く学ばされます。
    私が子育ての時こんなに深い愛で子供にこたえてあげれたかしら?
    ふくろう母さんのようにできていなかったように思います。
    理想のお母さんの子育ての姿かも知れませんが、謙虚に学ばされました!
    親子で読んでほしい絵本です。

    投稿日:2012/04/05

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その7

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.66)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット