お金の計算と買い物が得意になる おかねのれんしゅうちょう おかいもの編 7さいまでに身につけたい お金の計算と買い物が得意になる おかねのれんしゅうちょう おかいもの編 7さいまでに身につけたい
企画・原案: 加藤 信巳 入澤 宣幸  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
電子マネー時代だからこそ、身につけたい金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪

はじめてのようちえん」 ママの声

はじめてのようちえん 作:ジェラルド・ステール
絵:オオサワ チカ
訳:水野 千津子 水野 尚
出版社:新風舎
本体価格:\1,900+税
発行日:2001年2月
ISBN:9784797414776
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,085
みんなの声 総数 11
「はじめてのようちえん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 入園前のお子さんにぴったりです!

    幼稚園に入る前に「うちの子みんなとうまくやっていけるのかしら?」と不安だった時期に、母が「すごくいい絵本みつけたよ!」とプレゼントしてくれました。

    初めて幼稚園に行った日、ふたごのひよちゃんとぴよちゃんがおともだちを作ろうとするのですが、どうもカラまわり。
    集団生活のルールのようなものがまだわからず、失敗ばかり。
    でもその日の最後にはみんなと仲良しになり、お迎えにきたおかあさんに「おともだちいっぱいできたよ」とかけよって・・・。

    入園前の不安な気持ちを持つお子さんとその親御さんに是非おすすめです。
    絵もとてもきれいで、動物達の表情もいきいきとしているので、細かいところまで親子でじっくり楽しめますよ。

    投稿日:2006/10/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 懐かしいです

    このお話は、小熊が初めての幼稚園に行った日のお話でした。はじめはドキドキ、でも慣れてきたらお友達とたのしく!うちの子は小学生なので、この絵本を読んで自分の幼稚園だった時が少し懐かしくなったみたいです!!

    投稿日:2015/03/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が可愛い

    4月から幼稚園に行く3歳次女に借りてきました。とっても可愛いこぐまさんが表紙。こぐまちゃんが初めて幼稚園に行く日のことがお話になっています。こぐまちゃんの初めてのドキドキ、ワクワク。お母さんのドキドキも描かれていて、思わず感情移入してしまいました。そういえば5歳長女が初めて幼稚園バスに乗ったとき、泣くかと思ったら笑って「いってきます」。何だか寂しかったこと。今は次女が「幼稚園行きたくない。ママといっしょにいる」と泣きますが、何だかちょっぴり嬉しい私。でも楽しくいってくれることが1番ですもの。この絵本を読んでちょっとでも幼稚園のワクワク感を高めてくれたらいいなと思います。

    投稿日:2013/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • きっかけは簡単なことなんだよね

    3歳2ヶ月の息子に読んでやりました。まだ幼稚園は決まっていませんが、幼稚園に対する気持ちを高めてもらおうと読んでやりました。しかし残念ながら、幼稚園というよりは保育園のようで、幼稚園特有の世界は見られませんでした。でも、親と離れてさびしかる様子やお友達と遊ぶ様子はどちらも共通。そこをなるべく強調して読んでやりました。

    視界から親がいなくなってしまい、泣いているところを慰めてもらい、お友達と共通点をみつけ、仲良くなっていく様子は、とても微笑ましいです。イラストもかわいらしい絵なので、くすっと笑ってしまいます。幼稚園が楽しくなっていくきっかけって案外簡単なことなんですよね。

    息子もそう幼稚園を楽しんでもらえるといいなーと思いながら読んでやりました。幼稚園を迎える人にはお勧めですね。

    投稿日:2010/10/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親と子の両方の気持ちが分かります。

    • まるりんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    下の娘と一緒にこの本を読みました。
    いつもお兄ちゃんのお見送りばかりで、幼稚園に行きだがっている娘は「はじめてのようちえん」この題名だけで娘はワクワクしていました。

    やっぱり初めての幼稚園は親も子も不安ばかりです。
    小熊のフルーレットちゃんのドキドキや、やだなぁという気持ち、パパやママのいっぱいほおずりしたくなってしまう気持ちがとてもよく伝わってきました。
    特に、遊びに夢中でママが手を振っているのに気づかない所は、キュンとしました。
    ママ達が帰ってしまった後のことは、子供の気持ちを私達によく示してくれています。ママ達が知らない子供達だけの世界。寂しくって泣いてしまったり、でもお友達ができて楽しく遊んだり。
    私達親にも経験がある、またはこれから経験する事、子供達も同じく経験があったり経験することがこの絵本にはとてもよく描かれていました。

    本当に素敵なお話でした。絵がとっても可愛いですよ。

    投稿日:2006/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 入園のお祝いにぴったり!

    息子の入園祝いにいただきました。
    ふたごのひよちゃんとぴよちゃんが、幼稚園の入り口で
    おかあさんとさよならをしたり、先生とお友達と歌を歌ったり
    外で遊んだりする様子を何度も見て、幼稚園のイメージを
    持つことができたようです。
    息子が初めて、幼稚園バスに乗って登園した日、帰ってくるなり
    「ひよちゃんとぴよちゃんも、おかあさんに『いってきます』を
    していたからね、ぼくもできたの」
    と、話してくれました。
    やさしいお友達もいっぱいでてきて、素敵なお話です。

    投稿日:2006/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めての幼稚園は「ドキドキ」だよね。

    ナビで紹介されていたので、借りてみました。すご〜く、良かったです。クマの子、フルーレットちゃんもとってもかわいいし、優しいタッチのイラストがなんともいえず、良かったです。(好みのイラストでした)
    パパとママにこっそり連れてこられた初めての幼稚園。置いていかれたと気づいて泣いてる時のフルーレットちゃんが、とってもキュートなの。親はこんな子供の姿を見たら、それこそ「胸がキュン」となっちゃいますね。
    上の子で「初めての幼稚園」を経験しているので、そうそう子供って、こうなのよねぇ。なんて、思い出と重ねがら、楽しく読めました。
    子供達にも好評でしたよ。

    投稿日:2003/03/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキ

    愛らしい主人公が描かれている表紙が気に入ったのでこの絵本を選びました。少し首をかしげている様子が実に愛らしいと思いました。哺乳瓶の中身に蜂蜜が入っているとはとてもユニークで良いと思いました。主人公は初登園に際してドキドキする気持ちが私までしっかり伝わって着ました。友達っていいな!と思える絵本でした。

    投稿日:2010/10/17

    参考になりました
    感謝
    2
  • 4月から入園する息子へ

    我が家の息子も早いもので4月からいよいよ幼稚園。
    本人は人見知りを全くしない明るいタイプなのですが、そんな息子に幼稚園の楽しさやお友達作りの絵本をと探していて出会った絵本です。

    息子同様はじめて幼稚園の仲間入りをするひよちゃん&ぴよちゃんの双子のヒヨコの一日です。
    お友達を作ろうと思うけれどタイミングが悪くてなかなかできません。

    息子も「どうしておともだちになってくれないんだろうね?」と心配そう。
    それでも最後はみんなで遊んでニコニコ顔で別れる様子を見るとうれしそうにしていました。

    幼稚園の中で起こるルールなども見えてきて、幼稚園入園前に一緒に読むことができてよかったなと思いました。

    投稿日:2009/03/19

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット