話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

Teeny Tiny」 せんせいの声

Teeny Tiny 作:ジル・ベネット
絵:トミー・デ・パオラ
出版社:Putnam Pub Group
税込価格:\0
発行日:1986年4月1日
評価スコア 4
評価ランキング 30,662
みんなの声 総数 1
「Teeny Tiny」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 音の響きに酔いしれます

    英語の絵本としては、最高だと思います。かわいらしい絵と何度もくり返す”teeny tiny”のことばは、読み終わったあとも余韻としてずっと心に響き渡ります。実際、子供に読んであげた後は、必ず、何度も口ずさんでいます。それに加えて、かわいらしい絵とは対照的なちょっと不気味な話の内容もまたこの絵本の魅力ではないでしょうか。

    投稿日:2003/03/19

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ころころころ / かようびのよる

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



Z会の小学生向け新教養書「99%シリーズ」の魅力を紹介!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット