ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほんの試し読みができます!
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
手遊びうたから人気の童謡まで、200曲を美しいイラストともに収録。歌詞、楽譜付き!

どかんねこ」 ママの声

どかんねこ 作・絵:矢玉 四郎
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:1999年06月
ISBN:9784591061053
評価スコア 4.43
評価ランキング 9,117
みんなの声 総数 22
「どかんねこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • いろいろねこ

    ねこが大好きな息子が、表紙の絵から気に入ってました。

    ネコの絵はレトロ可愛いいし、内容も、読み聞かせてる私も楽しくなっちゃう感じで・・・次はどんなネコが来るのかな〜あれれ???違うネコになっちゃった〜と盛り上がりながら読みました。

    可愛いネコに対しての犬のブサイクさが、また良くて好きです。

    投稿日:2013/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • あれあれっ!!

    土管を通り抜けると猫の模様が変わるお話でした。うちの子は、「あれれ〜何で変わるんだろう??」って言いながら笑って聞いていました!!模様が変わるだけってなかなかないですよね!?違う生き物に変わったりするお話は結構あると思ったので、このストーリー良かったです。

    投稿日:2012/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • な〜んだ!

    しろねこちゃんが入ったら・・・、ぶちねこがでてきたよ

    どかんの中に入っては、色が変わってでてくるねこ。
    マジック??

    「な〜んだ!」ってカンジですが、なんか微笑ましいです♪
    リズムもいいので、小さい子にもオススメです。

    投稿日:2011/07/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトル

    ユニークなタイトルの描き方が素敵だったのでこの絵本を選びました。とても次の展開が楽しみな絵本でした。どんな仕掛けがあるのかとても楽しみにページを捲る事が出来るのが良かったです。文章も色が変えて合ったのがユニークで良いと思いました。最後の仕掛けの種明かしにとても驚きました。楽しく読めました。

    投稿日:2009/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 変身したのかな?

    最近息子が大好きな矢玉四郎です。

    土管に猫が入いりますが、入った時とは違う猫が出てくるので、あきやまただしの「へんしんトンネル」を思い出しました。

    息子は「変身したのかな?」と興味津々で見ていました。
    オチを見て「なんだそういうことか。全然おもしろくなかった」と言いながらもニヤニヤ。

    児童書から読み始めたのですが、この絵本でも予測のつかない矢玉ワールドという感じを受けました。

    児童書だけでなく絵本も楽しいお話が多そうなので、読んでいきたいと思います。

    投稿日:2008/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • マジック?

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    どかんのなかにねこが入ると、ちがう種類のねこが出てきます。
    それの繰り返し。小さい子にぴったりな繰り返しのストーリーの絵本だなって思ってたら、そうでもないのです。

    どかんに入った犬が、同じ犬のまま出てきます。不思議などかんだな?と疑問がわいてくるはず。これまでのリピートが覆されるところから、この本の本当の楽しさが始まります。

    絵が大きく、ねこの種類もさまざまで、かわいい表情。小さい子から小学生まで、読み聞かせるのにぴったりだと思います。

    読んだ後は、ねこちゃんたちがこっそりと楽しんでいるヒミツが知れて、うれしい気分です!

    投稿日:2008/08/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 七五調で調子よく!

    単純なおはなしで、絵もとってもわかりやすい。
    文が七五調になっているので、調子よく読みましょう!
    読んでる方も、聞いてる方も、とても心地いいです!

    投稿日:2007/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 次はなにかな?

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳

    どかんに入った時と、出てくる時が違うねこになっている!その繰り返しが楽しい絵本です。
    次は、どんなねこになるのかな?
    犬が入ったらどうなるのかな?
    そんな風に次の展開を楽しめます。
    友人が、パネルシアターでやったところ、最後のオチはちょっとインパクトが弱かったとのこと。
    絵本で読むよりも、立体感があるだけ、大きすぎるワクワク感を誘ったのかもしれませんね。
    絵本では、素直に「あ〜、そうだったんだ。」とオチを楽しむことができました。
    個人的には、どこを見ているのか良くわからないような犬の絵がお気に入りです。

    投稿日:2007/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルなんだけど

    ほんわかしたイラストにとても和みますね。
    初めて読んだ時は ねこのひみつが予想できなくて
    オチを読んでなーるほど!という感じでしたが
    二度目から読む前に娘に「ねこちゃんのひみつはないしょだよ」と言って読み始めると
    既にオチが分かっているのに娘はニヤリとして読み聞かせスタート!なんだかエンドレスなんです。
    シンプルなお話なんだけどもなんだか惹かれるお話なんですよね。

    投稿日:2007/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • あれ?不思議。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子6歳

    「どかんがいっぽんありました。」
    から始まる不思議なおはなし。
    しろねこちゃんが土管にはいったら、ぶちぶちねこがでてきたよ。
    ぶちぶちねこがはいったら、とらねこちゃんがでてきたよ。
    あれ?不思議。
    いぬがきて土管にはいったら・・・
    いぬがでてきたよ。
    ???不思議だね。
    実は、この土管にはある秘密があったのです。

    シンプルな絵に、和紙のような材質がやさしい。
    小さいお子さんの創造性を育てるのにいいかも。
    どうして、違うねこがでてくるの?
    どうして、いぬはいぬなの?
    はらはらどきどき、一緒に楽しんで。

    投稿日:2006/09/14

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / わにわにのおふろ / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆき
    ゆきの試し読みができます!
    ゆき
     出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    雪が降るとだれもがくちずさむあの歌が、はたこうしろうさんのイラストで絵本になりました。


大自然の中に遊びにいこう!米国で人気のシリーズ第四弾

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット