宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

いいおへんじできるかな」 パパの声

いいおへんじできるかな 作・絵:きむら ゆういち
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\680+税
発行日:1992年04月
ISBN:9784031310604
評価スコア 4.47
評価ランキング 8,478
みんなの声 総数 74
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 楽しいしかけ

    小児科の待合室においてあった本です。お手手をあげてお返事することを学習する本で、しかけをめくると手があがります。しかけがあるので娘も楽しそうに見てました。見開き1ページに大きく描かれたイラストがダイナミックでとても良かったです。自然とこちらが読む声も声も大きくなりました。

    投稿日:2010/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼのです。

    • ラーゴンさん
    • 30代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 女の子3歳

    絵本に出てくる動物や怪獣がとてもユーモラスで、ほのぼのとしています。子供が絵本の世界に入り易い、って感じの本です。

    投稿日:2002/05/20

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その4

みんなの声(74人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット