しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

でんしゃでいこう でんしゃでかえろう」 じいじ・ばあばの声

でんしゃでいこう でんしゃでかえろう 作・絵:間瀬 なおかた
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年01月
ISBN:9784893254894
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,954
みんなの声 総数 260
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ドデン ドドン ドデン ドドン

    園で読んでいただく大型絵本です。大型絵本は迫力があって電車に乗っ

    て旅行気分があじわえました。

    孫が大好きな絵本で、園では大型絵本ですが、家庭では普通サイズの絵

    本を購入したのですが、やっぱり大型絵本が羨ましくてほしくなります

    前から読んでも後ろから読んでも楽しめる絵本になっています。

    入り口と出口は仕掛け絵本にもなっています。

    「ドデン ドドン ドデン ドドン」と読んでもらうととても嬉しがる

    孫です。実際の電車では、音が怖いのですが、絵本だとなんの問題もな

    く喜んで聞いています。やっぱり大勢の子に読み聞かせには、大型絵本

    がいいですね!

    投稿日:2009/05/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 駅弁がほしくなります

    雪で真っ白な山の駅を出発してから、ずんずん走ってゆく電車。
    雪の野原を、真っ暗なトンネルを抜けて、電車の音が微妙に変わってゆきます。普通に走る音、トンネルの中の音、鉄橋を走るときの独特の音。やがて海が見えて、花の咲く町へ、海辺の駅へ。
    なんだか旅をしたような気分になれる絵本です。
    気が向いたら、海辺の駅から、山の駅までもう一度乗っても。

    投稿日:2017/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいですね。

    • えほんじいさん
    • 60代
    • じいじ・ばあば
    • 京都府
    • 女の子2歳

    とても楽しい電車のたびの本です。タイトルの通り、電車で行って、また帰って来ることができるのも楽しいポイントでした。電車って行ってまた帰ってきて、それの繰り返しだという事を伝えられた点も良かったです。孫はがたんごとん、がたんごとーん、とか良いながら機嫌よくページをめくってまるで車掌さんになったみたいです。

    投稿日:2011/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 前から後ろから

    • 茶々丸さん
    • 70代以上
    • じいじ・ばあば
    • 埼玉県

    雪の山の駅から電車に乗り、野を越え山越えトンネルを抜けて菜の花に囲まれた海の駅へ。もちろん帰りは海の駅から山の駅へ向かって出発です。
    前から読んだら次は後ろから、という風に読み進めていける面白い絵本ですね。
    ペラペラとページをめくる幼少期の孫娘にはちょうどよく、「行こう!帰ろう!」とめくるページに合わせて声を掛けて遊んでいます。

    投稿日:2007/10/17

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / ねないこ だれだ / めがねうさぎの小さな絵本 2冊セット / ひよこさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(260人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット