はじまりの日ふつうだと思う みんなの声

はじまりの日 作:ボブ・ディラン
絵:ポール・ロジャース
訳:アーサー・ビナード
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
税込価格:\1,760
発行日:2010年02月
ISBN:9784265068197
評価スコア 4.35
評価ランキング 14,153
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ボブ・ディランの絵本!

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子15歳、女の子13歳

    ボブ・ディランの絵本があったとは知りませんでした。
    ふと立ち寄ったファストフードのお店の棚に置いてあったのです。
    表紙に描かれている大きなギターケースに魅かれ、手に取ったところ、なんとそれはボブ・ディランの絵本でした。

    よく読んでみると、ボブ・ディランの『Forever Young』の歌詞に絵をつけたものでした。
    May you stay forever young が 日本版のタイトル『はじまりの日』と訳されています。

    ボブ・ディランが息子のことを思いながら作った歌です。読んでいると親の子どもに対するあたたかい視線やせつない気持ちが伝わってきます。

    この絵本には、もう一つの楽しみ方があります。
    絵を描いたポール・ロジャースは、歌詞にあわせて、一枚一枚の絵に、ボブ・ディランだけではなく、彼に影響を与えたであろう人物や出来事を表現しています。解説がついているので、ページをめくりめくりしながら、楽しんでください。ビートルズも登場していますよ。

    投稿日:2010/10/01

    参考になりました
    感謝
    5
  • 歌からイメージするものは人それぞれ。

    私はボブ・ディランのファンです。
    この歌は、ディランが愛する息子のために作った曲です。
    こんな大人に成長してほしいなという愛情のこもった歌。
    自分にも、重なる部分があって、大好きな歌です。

    でも、絵が違う。
    私がイメージするものと全く違う。
    この絵を描かれた人は、きっとこの歌からこのイメージが浮かんだのだと思う。
    後書きに、ディランの歌を何度も何度も聞いたとありました。
    きっとそうなんだと思います。
    でも、私がイメージするものとは全く違う。
    こういう企画の場合は、
    意味を持たない絵や写真であった方がよかったと思う。
    詩を読んで、自由にイメージできるように。

    投稿日:2016/11/01

    参考になりました
    感謝
    1

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

とこちゃんはどこ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / にじいろのさかな / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



えほん新定番 from 好書好日

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.35)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット