宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

「こおろぎのレオ」 なかなかよいと思う みんなの声

こおろぎのレオ 作:マニュ・エンスレー
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 0
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「こおろぎのレオ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • やさしい気持ちをもって

    秋に町行く人に美しいハーモニーを聞かせていたこおろぎのレオは冬になってすっかり弱ってしまいました。
    子ども達はそんなレオをおばさんの家に連れていきます。やがて冬もすぎ春がやってくる頃、レオはすっかり元気になります。
    最後はレオをまたお外に逃がしてあげるのですが、そのお話の過程がとてもいいです。
    小さな生き物にも生命があり一生懸命に生きています。
    そんな小さなこおろぎに寄せる子ども達の温かい気持ちが物語にあふれています。

    投稿日:2003/04/05

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


「楽しみながら生活する気持ち」と「生活習慣」を学べる絵本♪

みんなの声(1人)

絵本の評価(0)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット