きれいなはこ」 その他の方の声

きれいなはこ 作・絵:せな けいこ
出版社:福音館書店
本体価格:\700+税
発行日:1972年12月
ISBN:9784834003758
評価スコア 4.29
評価ランキング 17,349
みんなの声 総数 117
「きれいなはこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • けんかはいけないよ

    けんかをするとお化けが出てきて・・・
    お化けにされて連れて行かれちゃうよ!という、
    喧嘩をしてはいけないよ、というメッセージが、
    シンプルに伝えられている絵本です。
    シンプルゆえに判りやすく、子供に伝わると事が良いです。

    ちぎり絵風な絵も独特の味があって面白いです。

    投稿日:2008/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • びっくりしました

    せなけいこ先生の絵本で『きれいなはこ』なんてタイトルだったら、すごく心暖まるストーリーを想像しませんか?

     読んでみてびっくり!
    きれいなはこの正体はおばけが入った不思議な物体。
    箱を巡って争ったものをおばけにしてしまうのです。

    せな先生の暖かでユーモラスな切り絵で、楽しい作品になっていますが(ねこの爪が伸びるシーンは傑作ですよね)実はとても怖いお話なのかも。。。

     小さいお子様のしつけにはいいのかな?

    投稿日:2006/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • くちがぁ〜!つめがぁ〜!

    箱を見つけて取り合いになり、けんかが始まってしまうんです。かみついたり、ひっかいたり。小さい子はよくあることですよね。かみつく子はくちが大きくなってしまい、きっかく子はつめが長くなってしまうんです。その場面では子供たちは「きゃぁぁぁ〜」と。怖いけど、なんだかおもしろいなぁといった感じ。

    投稿日:2002/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • はこのなかから・・おばけ!!

    きれいな箱が落ちていた。取り合ってけんかになったねこちゃんとわんくんの前で、はこからでてきたのはおばけ!・・・一つのものをめぐってのけんか。子どもの世界にはよーくあることなので、親しみやすいストーリーです。おばけの世界につれていかれるラストをみる子どもたちの目は真剣!!はり絵のほのぼのした雰囲気がとってもいいです。ぺらぺらページをめくる年頃からお友達とのかかわりが盛んになる2歳前後がちょうどいいかも。

    投稿日:2002/10/05

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ノンタンおやすみなさい / ぐりとぐら / いないいないばあ / もこ もこもこ / かえるがみえる / ねないこ だれだ / おにぎりくん / ちいさなあなたへ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】9月の新刊&オススメ絵本

みんなの声(117人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット