たこやきようちえん たのしいえんそく たこやきようちえん たのしいえんそく
作: さいとう しのぶ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
たこやきようちえんの遠足は動物園! たこやき6人は、元気に出発しますが・・・。

きれいなはこ自信を持っておすすめしたい みんなの声

きれいなはこ 作・絵:せな けいこ
出版社:福音館書店
本体価格:\700+税
発行日:1972年12月
ISBN:9784834003758
評価スコア 4.29
評価ランキング 15,355
みんなの声 総数 115
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

52件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • きれいなはこ、なのにこの犬の絵はなんだろう?と思いながら読み始めました。せなけいこさんの絵本が好きな娘に2歳前から読んでいます。ねこちゃんとわんわんが一緒にきれいなはこを見つけたけれど、仲良くできなかったのでおばけに変身させられます。仲良くしなきゃだめだよね、友達につめをたてたり、噛んだらだめだよね、とお話しながら読んでいます。

    投稿日:2019/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 分かりやすいメッセージ

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子6歳、女の子5歳

    きれいな箱をめぐって、ひっかくねこと、かみつく犬。そんな風にけんかをするやつには‥と、お友だちと遊べない体に変えられてしまいます。
    シンプルな絵と文で、「仲良くあそぼうよ」というメッセージを伝えてくれます。
    子どもは、仲良くあそんだらいいのにね。と自分のことを棚にあげて、でもしっかりとメッセージを受け取っていました。

    投稿日:2018/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • わっ!わぁー(

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子17歳

    せなけいこさんの絵本です。
    今まで知りませんでした。
    とても単純な作りなのに、最後はとてもすごい衝撃でした。

    「おばけ」がすごく先生みたいなのに結局“悪い子”たちをおばけの仲間にしてしまう。その発想が面白かったです。
    表紙からしてなんかやけに大きな口の犬がいますもんね。
    この時点で、ただの楽しい幼児向けの本ではないと気付かないといけないかもしれません。
    読み聞かせに使うなら、やっぱり夏の時期ですね〜。
    意外とこういう作品は(小学校)高学年の子どもたちにもいいかもしれません。大人になりかけている子どもたちがどんな反応をするか、見てみたい気もします。

    投稿日:2017/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 恐ろしい…

    正直言ってこんなにも恐ろしい絵本はないと思います。ケンカをしたら、長い爪にされたり、大きな口にされるだけでなく、おばけにされてしまうのですから…。

    子どもにとったら怖いけど見たいという感覚なんでしょうね。2才のわが子も「怖いよ!」と言いながらもドキドキした表情でのめり込んで見ています。

    投稿日:2014/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私自身のトラウマ絵本で、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    小さい頃に読んで怖くて怖くて仕方がありませんでした。小さい頃は、箱からおばけが出てくるページのけむりの部分を、おばけの髪型だとずっと思っており「なんでこんな変な髪型なんだろう」とずっと思っていました。お恥ずかしい限りです。

    投稿日:2014/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • この箱うちにも一つ下さい。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子2歳

    ねこちゃんと犬さんが、箱を見つけて大喧嘩。

    私が先にみつけたっ と犬をひっかくネコ。
    ぼくが先だっ とネコにかみ付く犬。

    我が家の兄妹喧嘩と全く同じ状況、光景。

    あれれれ箱からオバケが出てきて、
    犬をひっかいたネコの爪はどうなった?
    ネコにかみ付いた犬のお口はどうなった?

    あれあれあれれー!?!?!?

    と読んでいくと、
    見に覚えのある2歳の娘、
    ちょっとおとなしくなりました。

    いいね、この箱。
    うちにも一つ下さい!

    投稿日:2014/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子の成長を実感

    赤ちゃんの頃にこの絵本を読んだときには、わけも分からずかわいい絵にニコニコしているだけだった息子ですが、3歳になってからまたこの絵本を読み直したところ、こわーい意味がよく分かってきたようで、しばし呆然としていました。一つの絵本で息子の成長を感じることができるなんて、とてもうれしいです。
    せなけいこさんのの絵本は、大人が読んでも楽しいところがいいです。変にハッピーエンドにならないところなんて、最高です。

    投稿日:2013/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • とりあいは、いけないよ!!

    1歳の娘へ読んだ本。
    きれいな箱が取り合いになり、
    ひっかいたり、かみついたり

    「いけないよね」
    ということが、わかりやすく描かれていると思います。
    せなけいこさんのおばけがこの本にも登場するところが気に入っています。

    投稿日:2012/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 理解出来ても出来なくても。

    私の大好きなせなけいこさんの絵本。
    最近、取った取られたの喧嘩をするようになった2歳と1歳の子供達。
    ずっと購入したいと思いながらも購入してないかったので、良い時期を思い購入してみました。
    絵本の表紙を見せた途端、おばけ嫌いの2歳の娘がすぐに「見ない。怖い。けんかしない。」と離れていきました。保育園で読んだことがあるようです。
    息子は読んでやると、爪が伸びたり、おばけになったりが楽しいようで、「うー。」といいながら、おばけのまねをしています。
    理解の出来る2歳の娘には、仲良く遊ぶ事がきちんと伝わり、1歳の息子には、おばけになったりする事が楽しめたりと、見方、取り方が色々でき、良いのではないかと思います。

    読み方一つで、小さい子と楽しむには、おばけになるのを楽しんで、仲良くしなさいー。と伝えるには、恐ろしく読んでみる。

    可愛い絵だし、お値段も手ごろだし、本当にせなけいこさんの本は良い本ばかりだと思います。

    投稿日:2012/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犬の顔がおかしくて

    1歳8カ月の息子に。
    お友達の物をとったりとられたときに、
    かもうとしたり、ひっぱったりひっぱられるような
    場面がでてくるようになったので読んでみました。
    ねこといぬがけんかするシーンはなにやら
    眉間にしわを寄せてみていました。
    なにやら感じるところがあったようです。

    私自身は犬の口が大きくなってしまったところで
    吹き出してしまいました。
    表紙の絵をみて、「なんだか変な顔…」としか
    思ってなかったのですが、あれは変えられてしまった
    姿だったんですね。

    投稿日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0

52件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(115人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット