話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

おじいさんならできる」 パパの声

おじいさんならできる 作・絵:フィービ・ギルマン
訳:芦田 ルリ
出版社:福音館書店
税込価格:\1,430
発行日:1998年06月
ISBN:9784834015270
評価スコア 4.84
評価ランキング 126
みんなの声 総数 44
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 物を大切にすることが理解できます

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    この作品は、イディッシュ語の「オーバーコートをもっていた」という歌が出典元。
    物を大切にするというユダヤ人文化の教えが、詰まっています。
    因みに、イディッシュ語とは、世界中で400万人のアシュケナージ系ユダヤ人によって使用されている言語のこと。

    この作品は、1992年ですが、2000年にシムズ・タバックが同じ出典元の作品「ヨセフのだいじなコート」を描き、コールデコット賞を受賞しています。
    タバックの作品の特徴は、仕掛け絵本になっていたこと。
    ヨゼフのコートに穴が開いているのですが、その穴の部分に凹凸をつけてあるのです。
    最初は、大事なコートなので、継ぎを当てていましたと始まるのですが、次のページでは、コートをジャケットに作り変えています。
    その繰り返しが、どんどん続くという物語なのですが、作り変える部分の生地が仕掛けになっているので、子供も釘付けにするはずです。
    また、絵も、水彩絵の具、グワッシュ、色鉛筆、インク、コラージュで製作しましたとあるように、作者が思いっきり楽しんでいるようで、見所満載でした。

    それに比すると、この作品は、絵が物語る作品と言えそうです。
    ストーリーは、同じく、おじいさんが作ったブランケットが古くなったので、おじいさんが次から次へと作り変えていく様を描いた物。
    ブランケット→ジャケット→ベスト→ネクタイ→ハンカチ→ボタンと作り直していくのですが、その描写が実に見事。
    二階建ての建物の断面を描く手法が取られているのですが、おじいさんばかりでなく、その人間模様も詳細に描かれているのです。
    生活様式が異なるのでちょっと難しいシーンもありますが、その生活感のある絵は、実に楽しい物です。
    しかも、地下にはネズミの一家も住んでいて、おじいさんのブランケットの切れ端で、服とかカーテンとかを作る様が描かれており、2度美味しいといった感じです。

    良く出来たエンディングも納得もので、何度読んでも新しい発見のあるオススメの作品です。
    個人的には、タバックの作品よりも楽しめました。

    投稿日:2012/02/05

    参考になりました
    感謝
    2
  • オススメ

    古くなった洋服をネクタイやボタンにつくりかえちゃう、
    素敵なおじいさん。
    娘に読み聞かせしていたら、
    近くで聞いていたママも「いい話ね。」とくいついてきた。

    物を大切にするストーリーは勿論いいんだけど、
    絵本の中では、文字に表現されない床下のねずみの暮らしぶりなど
    遠くで聞いているだけでは分からないストーリーも展開されてるんだぞ。
    「ママもこっちきて、絵もちゃんと見て。この本、本当いいから!」
    思わず、皆に知らせたくなる絵本。

    投稿日:2010/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい透視画法

    ヨゼフが赤ん坊のときにおじいさんが縫ってくれたブランケット。
    おじいさんは仕立て屋さんでとにかく器用で物を大事にする性格。
    傷んできたブランケットをお母さんは捨てようと言うけれど、「おじいさんにたのめば何とかしてくれる」というヨゼフのおじいさんに対する信頼と、ブランケットに対する愛着。
    この絵本はそれだけではないのです。

    二階の住人、地下で暮らしているネズミたち。
    同じ構図を舞台にして、それぞれの生活を楽しめるのです。
    よく見たら、ヨゼフのブランケットのあまり布からネズミたちもなにやら作っていますし、二階で暮らす夫婦にも物語があります。
    ブランケットが次々と違うものにリフォームされる際に出たあまり布がさらにネズミたちの家庭で使われていく。
    究極のリユース絵本。

    投稿日:2010/07/03

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • やきいもの日
    やきいもの日
    作・絵:村上 康成 出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
    秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、秋の本。


食品ロスについて知る入口となる絵本  『ほうれんそうカレー ききいっぱつ!』田中六大さん&入馬さん兄弟インタビュー

みんなの声(44人)

絵本の評価(4.84)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット