なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

ウエズレーの国」 ママの声

ウエズレーの国 作:ポール・フライシュマン
絵:ケビン・ホークス
訳:千葉 茂樹
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1999年06月
ISBN:9784751519752
評価スコア 4.88
評価ランキング 19
みんなの声 総数 87
「ウエズレーの国」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

75件見つかりました

  • この青い空の下に飛び込んでしまいたくなる

    • ハンガラムさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子18歳、女の子10歳

    ずっと暖めていた「ウェズレー」をやっと4年生の教室で読むことができました。残念ながら、夏休み明けになってしまいましたが、お話に引き込まれていく子供たちの空気が伝わってきて、感動してしまいました。
    自分がもし子供だったら、この本に絶対影響を受けていたと思います。
    植物のネーミングも素敵でセンスを感じます。
    自分の家の庭なのに、冒険譚を読んでいるようなワクワク感です。
    お隣のおじさん、つい探してしまいますね。

    投稿日:2009/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏に一度は読みたい!

    夏休みに一度は読みたい!と思っていた絵本です。
    夏休みといえば、海、プール、キャンプなど楽しいこといっぱい!
    小学生になれば夏休みの宿題もあり、
    親からすると頭を悩ますのが「自由研究」。

    でも小学生の息子は、この絵本の主人公のように
    想像力いっぱいにあれもやりたい!これもやりたい!!となっていました。
    低学年くらいまでは、自由研究は楽しみの1つなんですね〜。
    この絵本とは、違った形ですが、息子は息子なりに楽しく自由研究を取り組んでいました♪
    そんな息子にとって、この絵本は想像力を膨らませる1つのきっかけにはなったのではないかと思います。

    投稿日:2009/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 個性が光る1冊

    自他ともに認める風変わりな子・ウエズレー。
    友達もなく どちらかといえばいじめられっ子。
    でもそれがなんだ!
    ウエズレーは特に気にもとめずに自分のやりたいことをどんどんやって行く。
    その意欲と想像力の豊かさで 
    ある夏休み、ウエズレーのやることが周囲のみんなの注目を集め
    すっかり皆は惹き込まれてしまうのです。
    キラキラ光る個性がまぶしいウエズレーの魅力がいっぱいのこのお話。
    ちょうど夏休みというタイムリーな時に読めたこともあったからか
    親子でハマった絵本です。
    ぜひ自宅に欲しいなと思いました。

    投稿日:2009/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 内面に降り積もるエネルギーの開花

     『種をまく人』のP・フライシュマンさんの作品です。
     サンタモニカ育ちの方の作品という、空気を感じます。

     両親も心配しているちょっと独特のパーソナリティの持ち主ウエズレーは、夏休みの自由研究に、“自分だけの文明”をつくる事を決意。

     耕し、種が飛んできて、芽が出て、花が咲き、誰も見たことのない新しい作物が…。

     作物から様々な衣食住が生み出され、子供騙しのない徹底した終結に、この文明世界へ引き込まれた我が息子は、読後ウエズレーを大絶讃。連日、一人で読み直しています。

     私が感心したのは、ウエズレーの両親。息子が招待するまで、このウエズランディア(ウエズレーの国)に、足を一歩も踏み入れず、覗かず、止めず、ウエズレーを信じ待っていたことです。
     
     とかく、奇異(ウエズレーを理解しようとしない人々にはそう映っていたであろう)な世界へのめり込もうとする我が子を見たら、世間の目もあること故、親は無理矢理、軌道修正をしようとしがちです。

     しかし、この両親は息子を歪めることなく、力を使うでもなく、信じ、見守り、待ちます。この姿勢が素晴らしいと思いました。

     結果、ウエズレーの内面に、静かに確実に降り積もっていたエネルギーが、見事開花したのだと思います。

     中高学年のお子さんとこの夏読んでみてはいかがでしょうか。

     親子共々満足できる一冊だと思います。

    投稿日:2009/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今が読み時!夏休み前に高学年に♪

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子15歳、女の子13歳、女の子8歳

    評判が高くて読みたいと思いながら、なかなか出会うチャンスがなかった1冊。昨年末、帰省先の古本屋さんで見つけ、ガッツポーズ♪
    もちろん、夏まで待てずに、密かに一人楽しみましたが、これはぜひ、夏休み前に、高学年の子たちに読んであげたいと、ず〜っと楽しみに待っていました。

    ついに、昨日6年生の教室で、「ねたふり」(同じく夏休み前に高学年に読みたいと思って購入!)と併せて読んできました。

    一人だけ、みんなと違って、浮いている男の子ウエズレー。
    友達なんていなくても、ちょっかい出されても、そんなの平気。

    夏休みの自由研究に、自分のだけの作物を育てて、自分だけの文明を作ることを思いついたウエズレーは・・・???

    決して人に流されず、自分のしたいことを、したいようにするウエズレーは、すごくかっこいいです☆

    不思議な作物が大きく育ち、おいしい実はもちろん、皮や根っこや茎や種なども、余すことなく利用するシーン。
    いじめっ子たちが、うらやましそうに覗いたり、一緒に仕事や遊びをするシーン。
    そして、字のない夜のシーン。(私が一番好きなページです♪)
    ページをめくるごとに、6年生たちが目をキラキラさせながら、絵本の世界に惹き込まれていく様子がわかり、読んでいてとても楽しかったです。

    人と違ってもいい。
    好きなことを、一生懸命やっていれば、きっと道が開ける。
    どうか、自分が人と違うからって、悩まないで。
    そして、もし自分たちと違う人がいても、排除したりせず、よ〜く見てごらん。きっと、素敵なところがあるから。

    そんなメッセージが、友達関係に悩む高学年の子たちに伝わればいいなと思います。

    来週は5年生に読む予定です!

    投稿日:2009/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • すっごいエコライフな植物が気になる。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    中学年の子ども達にお薦めの絵本と聞いて、遅ればせながら手にしてみませいた。
    ウエズレーはいじめられっ子だったけれど、「自分は自分」とはっきりとした意志のあるしっかりした子だなぁ〜というのが、私の中の大きな印象でした。

    アメリカの子ども向けのお話には、ウエズレータイプの主人公がよく描かれますよね?これはお国柄なのでしょうか?

    うちの子の興味はもっぱら、ウエズレーが栽培していた植物のお味。
    「一体どんな味なんだろう?」って、つぶやいていました。
    この植物がもしも実在したら、人はずいぶん便利でエコらいふをおくれそうですよね。

    ぜひ、近いうちに中学年の子に読んでみたいです。

    投稿日:2009/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 創造力が皆を惹きつける

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    夏休みの自由研究に、庭で自分の国を作ってしまった少年のお話です。
    とっても便利な草を、ジュースにしたり根を食べたり油をとったりして
    ウエズレーは暮らしていくのです。それもこれもウエズレーの発想力・創造力あってのことですよね。

    うちの子も少しユニークなところがあります。親としては複雑な思いでこのお話を読みました。
    肝心のその長男ですが、ウエズレーの国に興味津々で、油はどうやってとるのかとか、ウエズレーの字は誰が読めるのかとか、服はどうすると作れるのなどなど、
    自分の国を作るというテーマに、とても興味を持ったようです。子供には自分だけの国と言うのは魅力的なのかもしれません。

    まずは自分に自信を持つことが大切。そして創造することはすばらしいことなんだよ。それが人を惹きつける原動力になってるのだと、
    子供がこの本から読み取ってくれるといいなあと思いました。

    夏の日差しの中、植物に囲まれた様子が生き生きと描かれていて
    親子でウエズレーの国を堪能しました。そして個性と受け入れると言うことについて、色々考えました。

    投稿日:2009/05/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢があります

    ウエズレーは周りから浮いている男の子です。夏休み、ウエズレーは自由研究で自分の文明を作ります。自分だけの作物、自分だけの遊び、自分だけの寝床、自分だけの文字。そのうち周りの子供達もウエズレーの国で一緒に遊びます。休み明け、ウエズレーはもう一人ぼっちではありません。
    夢のあるストーリーで4歳の息子も大好きなお話です。絵もカラフルで素敵です。周りと違っていてもいいんだということも教えてくれます。

    投稿日:2009/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 引き込まれます

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    町でも一人だけ浮いているウエズレーは、夏休みの自由研究にとんでもない大きいものをつくりだします。

    一つの目標をしっかり持つことができたら、それはとても強い力になることを改めて感じることができました。
    目標に向かって一つずつ努力をするウエズレーの世界にどんどん引き込まれていきます。
    それは今までちょっかいを出してきていた、町の子供たちも同じでした。
    ウエズレーをすごい形相で追いかけていた子供たちが、最後にはとても穏やかで楽しそうな表情で後をついていくのです。
    ウエズレーのつくりあげた国が、どんな国なのか、その表情から読み取ることができます。

    この絵本を読み、夏休みに大きい目標をかかげて頑張る子供たちが増えたら、とても素晴らしいと思いました。

    投稿日:2009/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろ〜い!!

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子10歳、男の子8歳、女の子6歳、女の子1歳

     夏休みに自分だけの文明を作り出す男の子ウエズレー、現実では不可能なんだけどあこがれて止まない壮大な物語です。
     長期の夏休みをこれ以上素晴らしく過ごした子なんているわけない!羨まし〜い!!と大人の私が思ってしまいました。10歳の息子も一言
    「えーなー。」
     読み聞かせるなら低学年でも楽しめると思います。高学年にもばっちりな絵本だと思います。できれば夏休み前がぴったりかも…。

    投稿日:2009/01/26

    参考になりました
    感謝
    0

75件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける


ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット