あきまつりピーヒャラおはやしの日! あきまつりピーヒャラおはやしの日! あきまつりピーヒャラおはやしの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
行事絵本シリーズ最新巻!

ねこざかな」 みんなの声

ねこざかな 作・絵:わたなべ ゆういち
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\980+税
発行日:1982年
ISBN:9784577004289
評価スコア 4.32
評価ランキング 14,484
みんなの声 総数 68
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

68件見つかりました

  • 期待以上

    そんなに期待せずに選んだ1冊です。でもとても面白かったです。なぜ「ねこざかな」というのかと思っていたんですが、魚に食べられたねこのことだったんですね。
    さかなの中に入ったねこ、海の中で泳いでいたけど、魚釣りのえさにつられてしまい・・・。最後はとても笑えます。

    投稿日:2012/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい〜

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、男の子0歳

    さかながねこを食べて…
    合体して海の中を泳いだり、遊んだりが
    とにかくかわいい!!
    ほのぼのとした感じが実にいい。

    ねこだけに目の前の魚を食べて元の世界に戻っていきます
    かわいいし楽しいし大好きです

    投稿日:2011/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感情的なネコと理屈っぽいサカナ

    サカナがネコを食べるという驚き!
    そして、なぜか仲良く暮らすという不思議!
    面白い発想に息子は大笑いでした。

    感情で動いてしまうネコと、それを理屈で攻めるサカナの掛け合いがとっても面白い。
    ネコのほうが強いと思っているから、なおさら面白い。

    ちょうど、屁理屈を言い出した息子には、サカナがかっこよく見えたのかもしれません。
    毎回「サカナのが口が大きいのにねぇ〜」とサカナの肩を持ち、
    普段も読み聞かせたときのサカナの口調をしばらくまねしていました。

    絵が、ちょっと怖いというか、部分的に気持ちが悪いところがあると言うか・・・
    好みが分かれる絵だと思いますが、全体を流れるのんびり感とありえない感がいい味出しています。
    ぜひ、一度手にとってみてはいかがでしょう。

    投稿日:2011/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白いです

    海にすむ魚と陸上の猫が一緒になるなんて。とてもユニークでした。
    魚の口から猫の顔が見えている姿が息子にはとても面白かったようです。
    最後のページの魚釣りの場面は、猫が抜けて印象的だったようです。

    投稿日:2011/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖いーっ!!…あれ?

    • きままママさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子2歳、男の子0歳

    怖い話や、悪者が登場する話が苦手の娘。

    案の定、ねこが食べられる場面までくると、
    半泣きで「怖いーっ!!」
    と叫びました。

    が、無理やり次のページまで読み進めると…

    「…あれっ!?」

    次第にケラケラ笑い出し、最後には大笑い。

    それからアンコールの嵐です。

    大人も展開にビックリできて、面白いです!!

    投稿日:2010/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心強い仲間の誕生

    このシリーズを読んでいますが、最初のお話をまだ読んだことがなかったので、読んでみました。

    仲好しのところから読んだのですが、やはり最初はねこが魚を食べようとしていたのですね。

    魚に飲み込まれたねこ。二匹が次第に打ち解けていく様子がよくわかりました。一匹だとできないことも二匹ならできる。心強い仲間の誕生ですね。

    絵も楽しいし、あまり考えずに読むことができる楽しいお話だと思います。見ているだけで何だか楽しくなってきます。

    投稿日:2008/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありえなーい!

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    食いしん坊のねこがいました。なかでも、さかなが大好物。ある日大きな魚を釣り上げ、頭からパクリと食べようとしました。でも、ねこさんの身に大変なことがおこりました。そこから、お話は違う方へと進んでいくのです。
    はっきり言って、ありえないお話ですが、実際にあったら面白いなと思いました。どうして、このふたり?が仲良くなれるのでしょうか?色々な場面での、ふたりの様子を見ていきながら、これまた意外な結末を期待してください。
    このねこさんの模様、色からすれば、こんな風になったのも想像できますよ。

    投稿日:2008/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありえない!だけど、楽しい!

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子7歳

    魚がねこを食べる!
    ありえないシュチエーションだけど、
    子供にとっては、興味津々。
    最初は、ねこも魚に食べられてこまっていたが、
    次のページで、楽しく泳ぐねこざかな。
    このギャップは何だ!?
    本当に、ありえない!
    二匹は、ねこざかなを楽しんでる。
    これこそ、絵本のすごいところ。
    ありえないを可能にして、楽しめちゃう。

    最初は、シリーズ化するとは思わなかった。
    だから、仕掛けもない。
    しかし、ねこざかな誕生の貴重なはなし。
    ネコも魚も、「ねこざかなってわるくない。」と、
    思ったに違いない。

    投稿日:2008/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありえない組み合わせがおもしろい

    以前、子供が、この絵本のほかのシリーズのものを借りてきました。
    その時は、この「ねこざかな」なるものがいったい何なのか?すごく気になりました。
    単なるおちゃらけ系のキャラクター?
    妙な絵本を借りてきたものだ、と思ったものですが...
    図書館で、ふと目にとまりました。「ねこざかな」
    あ、これが、第一巻なのかも、と思い、借りてきました。
    感想は...けっこうおもしろいかも。「ねこざかな」が生まれた理由もわかりました。
    猫と魚、仲良く暮らすことはありえない組み合わせだけれど、このありえない組み合わせだからこそ、おもしろい。
    子供には、「こんなのありえない」とかって発想はないみたいで、楽しく暮らすねこざかな、気に入った模様。

    投稿日:2008/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねことさかなの出会い

    ねこざかなシリーズが好きでよく読んでるんですが
    これはねことさかなが出会った初めの絵本です。

    さかなが大好きなねこがおおきなさかなを見つけ
    食べようとします。

    ねこが泳ぐ?!さかなが木に登る?!
    こんな事ありえない!だけど面白い!
    いつも子供達と「ふんふふふ〜ん。にゃんにゃにゃにゃ〜ん♪」と
    歌いながら読んでます。
    楽しい本です。シリーズ全部可愛いです。

    投稿日:2008/03/17

    参考になりました
    感謝
    0

68件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(68人)

絵本の評価(4.32)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット