もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ねこざかな」 みんなの声

ねこざかな 作・絵:わたなべ ゆういち
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\980+税
発行日:1982年
ISBN:9784577004289
評価スコア 4.32
評価ランキング 14,717
みんなの声 総数 68
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

68件見つかりました

最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 次の10件 最後のページ
  • 合体しても、別人格

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子8歳、男の子6歳

    猫と魚が合体して、ねこざかな。しかも魚が猫をすっぽり飲み込んだ形の合体です。
    この魚、猫に勝負を挑むところからしてかなり強気です。その勢いに猫はダジダジですが、実際に合体してみると、猫が魚の着ぐるみを着ている様で、妙に楽しそうなのです。
    でも、魚との合体がなかなか心地良いものであっても、やっぱり魚が目の前にくれば、ぱくっと食べてしまいます。結局猫の性は変わらないのですね。
    でも、これで良いのです。いくら他人と合体して楽しくても、自分の本質は忘れてはいけません。たとえ相手を傷つけることがあってもね。

    感想を書いているうちに、あら、なかなか深い意味があるのかも、なんて思ってきました。でもね、あまり深読みしないで猫と魚が楽しそうに合体生活をしている姿を見ているだけでも、楽しいですよ。

    投稿日:2006/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しそうなねことさかな

    • サンフラワーさん
    • 30代
    • その他の方
    • 岐阜県
    • 男の子9歳、女の子4歳

     ある日、ネコがさかなを食べようとすると、逆にねこがさかなに食べられてしまう。ふたりは、ねこざかなとなり、魚の口からねこが顔を出し、海を泳いだり、木にのぼったりして、楽しく過ごす。
     ねこざかなが「ふんふふふん。にゃんにゃにゃにゃん。」と海に浮かぶ姿が気持ちよさそう。
     最後にネコが人間に釣られてしまうところも面白い。

    投稿日:2004/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 軽ーく楽しむ絵本

    魚が猫を食べるという奇想天外な話
    その猫の顏が、魚の口から覗いています。

    まあ、なんとも、可愛いというか、ユニークというか…

    軽ーく楽しむ、おやつ的な絵本ですが、それにしても、ちょっと味がありますね。

    こいう絵本が好きな子どもさんも多くいるでしょうね。

    投稿日:2017/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 強い魚

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    ねこVSさかなといったらねこが勝ちそうなものですがしっかり対抗してくるこのさかなは強いですね。
    こんな大きい魚にむかっていくねこもねこですが。
    「ねこざかなもいいか」と言っているねこですが、さかなの口の中で溶けたりしないのかなと少し思いました。
    ねことさかながうまくやっていくのは難しいですかね。

    投稿日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこと魚が

    イラストがシンプルな分、物語が際立っています。

    表紙では分からないのですが、
    ねこと魚が合体しちゃうんです。

    食べようと思ったのが食べられ・・・
    いつの間にか、楽しげに泳いでいます。

    なかなかシュールな展開ですが、とてもわかりやすいので
    小さなお子さんでも楽しむことが出来ると思います。

    投稿日:2014/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラストがしまらない・・

    娘の好きなシリーズの1作目。
    ★3つなのは、物語としてラストがしまらないというか・・。
    ただ魚とネコの出会う今作を読むと、
    魚の中にネコが暮らしている不思議な設定の訳がわかるので、
    その意味では重要かも。

    投稿日:2010/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 遊ぶ世界が広がった

    さかながねこをのみこんで、ねこが叫んでいます。でも、次のページではすっかり仲良くなっています。展開がはやすぎて、ちょっとびっくりしました。

    ねこざかなになってからは、ねことさかなの表情が同じくなっているのがおもしろいです。ねこは海の中を、さかなは陸の上で遊ぶことができるようになりました。遊ぶ世界がひろがって楽しそうです。けれど、大きなさめや小魚がでてきて、食物連鎖のきびしさも描かれています。

    投稿日:2008/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトルの如く!

    • ゼミさん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳

    ねことさかなが合体するお話ですよ。
    大きな魚からねこが食べられちゃうんです。
    逆でしょふつうは、でもこの発想がおもしろい。
    イラストチックな絵ですし特別なメッセージ性もありませんが今日はなにを読もうかな?と迷ったときなんか
    にはこんな軽い絵本もいいのでは?

    投稿日:2006/03/22

    参考になりました
    感謝
    0

68件見つかりました

最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『語りかけ絵本 どんぐり』こがようこさんインタビュー

みんなの声(68人)

絵本の評価(4.32)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット