ぬにゅ〜ぽんぽん ぬにゅ〜ぽんぽん ぬにゅ〜ぽんぽんの試し読みができます!
作: ちかつたけお  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
子どもの想像力をはぐくむ、新感覚の絵本! 1・2・3さい向け

おーきくなったら」 パパの声

おーきくなったら 作・絵:あきやま ただし
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1996年6月
評価スコア 4.25
評価ランキング 16,167
みんなの声 総数 11
「おーきくなったら」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あきやまさんの実話

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    昨日(2011年1月22日)「あきやまただし絵本ライブ」を見てきました。
    冒頭、あきやまさんが、
    「長女が生まれた18年前から絵本を描き始めましたが、その娘が、美術大学1年になり、私と同じく絵本作家になると言っています。
    月日の経つのは早いものです」
    と言われておりました。

    そん背景を思いつつ、この作品を読みました。
    「大きくなったら・・・
     それはひとが生まれて初めてみる将来の夢です。
     やがて夢は大きくなり、すこしずつ変ったりするものですが、
     今日より明日の自分が大きくなるために、誰もが持ちつづけて
     いると思います」
    そんなあとがきがあって、
    「この絵本を、自分の大事な夢をそっと
     教えてくれた娘、恵美に贈ります」
    とあきやまさんが、恵美さんを抱き上げている写真がありました。
    こうした作品って、海外では良く見かけるのですが、日本では余りお目にかかったことがありません。
    そんな観点からも、評価したいものです。

    そう、この絵本は、あきやまさんの長女の恵美さんの実話です。
    「大きくなったらおかあさんになるの」と言うのは良くある話ですが、その後があきやまさんの娘らしいところ。
    何と、もっともっと大きくなって怪獣になるそうです。
    これって、やはり、あきやまさんの影響なのでしょうか?

    そして、最後がホロリとさせられます。
    そんなに感銘する話ではないかも知れませんが、何気ないシーンが心に染みる作品でした。
    夢を聞いてあげること、是非実践して欲しいものです。

    投稿日:2011/01/23

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット