もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

おーきくなったら自信を持っておすすめしたい みんなの声

おーきくなったら 作・絵:あきやま ただし
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1996年6月
評価スコア 4.25
評価ランキング 15,923
みんなの声 総数 11
「おーきくなったら」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 一周して

    この絵本に登場してくるえみちゃんという女の子が、どんどんどんどん大きくなっていくのが、うちの子にはとってもかっこよく見えたらしく、あこがれの眼差しでした!結局、大きくなりすぎちゃって、元に戻っちゃうんですけど、そんなとこも面白かったです。

    投稿日:2012/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • あきやまさんの実話

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    昨日(2011年1月22日)「あきやまただし絵本ライブ」を見てきました。
    冒頭、あきやまさんが、
    「長女が生まれた18年前から絵本を描き始めましたが、その娘が、美術大学1年になり、私と同じく絵本作家になると言っています。
    月日の経つのは早いものです」
    と言われておりました。

    そん背景を思いつつ、この作品を読みました。
    「大きくなったら・・・
     それはひとが生まれて初めてみる将来の夢です。
     やがて夢は大きくなり、すこしずつ変ったりするものですが、
     今日より明日の自分が大きくなるために、誰もが持ちつづけて
     いると思います」
    そんなあとがきがあって、
    「この絵本を、自分の大事な夢をそっと
     教えてくれた娘、恵美に贈ります」
    とあきやまさんが、恵美さんを抱き上げている写真がありました。
    こうした作品って、海外では良く見かけるのですが、日本では余りお目にかかったことがありません。
    そんな観点からも、評価したいものです。

    そう、この絵本は、あきやまさんの長女の恵美さんの実話です。
    「大きくなったらおかあさんになるの」と言うのは良くある話ですが、その後があきやまさんの娘らしいところ。
    何と、もっともっと大きくなって怪獣になるそうです。
    これって、やはり、あきやまさんの影響なのでしょうか?

    そして、最後がホロリとさせられます。
    そんなに感銘する話ではないかも知れませんが、何気ないシーンが心に染みる作品でした。
    夢を聞いてあげること、是非実践して欲しいものです。

    投稿日:2011/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外な答え

    えみちゃんはお母さんに「おおきくなったら なにに なる?」と聞かれます。子どもが答える定番としては、お花屋さん、幼稚園の先生、お嫁さんなどでしょうが、えみちんの答えたものの中には「かいじゅう」という意外な答えがありました。

    「おおきくなったら」と考えるのってとても楽しいですよね。読んでいて、子どものイメージするものは、大人が考えるよりも大きいものなのかもしれないと思いました。

    かいじゅうのお腹が破裂したらお母さんが優しくばんそうこうを貼ってくれるという場面には、心がほんわかしました。お母さんに見守られていて、そばで助けてくれるから子どもは安心して大きくなっていかれるのだろうなと思います。

    投稿日:2007/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きくなると夢も大きくなるね

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子10歳、女の子8歳

    子どもが小さい時って必ず聞くこと・・『大きくなったら何になりたい?』
    いろんな夢がありますよね・・・
    えみちゃんにも大きな夢があるんです。とってもとっても楽しい夢なんです。
    この本を読むと『僕はね・・』となりたいものを話してくれる子がとっても多いんです。
    大きくなるにつれなりたいものが変わっていくけど・・この時はこれになりたかったんだよ!って覚えておいてあげれると素敵でしょうね。

    投稿日:2007/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありえない展開・・・

    • さゆらぶさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    私自身も次はどうなるんだろうとどきどきしながらよんでいました。普通に「おおきくなったら、おかあさんになりたい・・・」ってゆうところはよくわかります。あかちゃんをたかいたかいしてあげたいっていうのもよくわかります。そのあと、かいじゅうになって・・・。・・・???おとうさんおかあさんをたべて・・・???どうなるんだろう・・・っておもいませんか?
    想像できない展開でした。あきやまさんってすごい・・・

    投稿日:2006/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • おーきくなりすぎ…

    えみちゃんのゆめは、おーきくなったら怪獣になること。
    どんどんおーきくなって、おーきくなりすぎて、終いにはパーンてお腹が破裂してしまいます。
    その後のセリフが可愛かった。
    「でも、おなかが やぶけて
     いたい いたいなの」(リアルですよね。子供の感覚が)
    「そしたら、えみちゃんの おなかに、
     おかあさんが ばんそうこうを はってあげるわね」

    う〜ん、ホットな気分になれる、素敵なエンディングでした。

    投稿日:2003/11/07

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



クマ大好きな三戸なつめさんが描く優しいイラストとストーリー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット