宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

コロちゃんはどこ?」 絵本紹介サイトの声

コロちゃんはどこ? 作・絵:エリック・ヒル
訳:まつかわ まゆみ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1984年03月
ISBN:9784566002067
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,612
みんなの声 総数 132
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子どもが大好きなかくれんぼを題材としたしかけ絵本です。細いとけいの中に細長いへびがかくれていたり、ピアノの中に大きなかばとことりがかくれていたりと意外性もさることながら、「いいや」「おらんぞ」という動物の受け答えも笑いを誘います。
    娘がしかけをめくったときに、その動物になりきって、かばのように低い声で「いいや」と言ってみたり、ペンギンのようにかん高い声で「ちがう ちがう」と言ってみたり、声色を変えて読み聞かせをすると、大喜びでした。

    投稿日:2003/04/10

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


カエル親子の陽気な会話で繰り広げられる成長と気づきの物語

全ページためしよみ
年齢別絵本セット