季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ

かいじゅうたちのいるところ ストーリーブック 」 パパの声

かいじゅうたちのいるところ ストーリーブック 作:スパイク・ジョーンズ デイヴ・エガーズ
訳:小田島 恒志 小田島 則子
出版社:河出書房新社
税込価格:\1,026
発行日:2009年12月
ISBN:9784309271491
評価スコア 3.5
評価ランキング 42,654
みんなの声 総数 1
「かいじゅうたちのいるところ ストーリーブック 」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 原作の印象が強すぎて

    『かいじゅうたちのいるところ』は、息子が幼少のころ愛読して高学年になったときにもう一度読みたい絵本のベスト・ワン。
    それだけに印象が強いというのか、彼の中にイメージができあがっているというのか、この映画のストーリーブックに対する反応は今ひとつだった。

    絵本の中で印象づけられたもの。
    それが、あまりストーリー性を持っていないだけにパターン的な映像化は難しいのかもしれない。
    映画は残念ながら見ていないので、このストーリーブックに対する感想になってしまうのだが、話を膨らませたこと多少現実部分の導入を作ったことが分かるのだけれど、その他は原作の怪獣たちを一生懸命模倣しようとしているように感じた。
    原作の印象が強い作品は、ある程度突き放したところから始めなければダメである。
    アニメーションならば良かったように思うが、これは実写版。
    読んでいると、どうしても原作とすりあわせてしまう。
    中学になった息子にこの映画はお望みではないようである。

    投稿日:2010/05/22

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



4月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット