話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

かあさんをまつふゆ」 パパの声

かあさんをまつふゆ 作:ジャクリーン・ウッドソン
絵:E.B.ルイス
訳:さくま ゆみこ
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2009年11月
ISBN:9784895726993
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,316
みんなの声 総数 20
「かあさんをまつふゆ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 抒情詩のような絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    2005年度のコールデコット賞オナー賞受賞作品。
    最近、こうした人種差別が背景にある絵本が多く出版されていますが、読む選択肢が広がるということは、非常に望ましいと思っています。

    書かれていませんが、おそらく、時代背景は第二次世界大戦中。
    アフリカ系アメリカ人の家族の男性達は、出征しているというシチュエーション。
    住んでいるのは、大都会シカゴから離れた田舎町というところでしょうか。

    物語は、主人公である女の子のエイダ・ルースに向かって、かあさんがシカゴに出稼ぎに行くという話をしているシーンから始まります。
    男性が出征したため、機関車を洗う仕事が、黒人の女性でも募集があるというのです。

    かあさんが出かけてからは、エイダ・ルースと祖母の二人だけの生活になるのですが、克明にエイダ・ルースの心情が描かれています。
    手紙を書くといっていたのに、かあさんからの手紙は来ず、エイダ・ルースは手紙を出すばかりで、安否も含めて不安が募ります。
    エイダ・ルースは、いつも外を見つめていますが、E.B.ルイスの描く絵は、光をあてることによって、その明暗を上手く表現しています。
    揺れる心情を、絵が象徴していると言ってもいいのではないでしょうか?

    最後に、かあさんからの手紙が届きます。
    読み手も安堵するシーンですが、手紙の持つ意味の大きさを再認識しました。
    何度も何度も手紙を読み返すという一文に、心を揺り動かされる人は多いはずです。

    全体を通じ、抒情詩のような作品です。
    対象は間違いなく大人向き。
    いろいろな局面で、親子の関係を考える時に読み返して欲しい作品としてオススメします。

    投稿日:2010/12/26

    参考になりました
    感謝
    2
  • 子どもの切なさがひしひしと…

    お母さんがシカゴに働きに出かけるという。
    背景には戦争(南北戦争?)があり、女手の働き口があるという時代。しかも、黒人であること。まだまだ黒人が迫害されている時代であることがわかれば、お母さんの不在がとても重さを持ってきます。

    この絵本では、大好きなお母さんを待つ女の子の切ない気持ちがひしひしと感じとられます。
    絵も極めて静かに女の子の心を表現しています。

    待っても来ないお母さんからの手紙。おばあさんと二人で母親を待つ冬の長さ。
    おばあさんの心持ちも感じとれます。
    読んでいて、お母さんに何かあったのではないかと思わせるようなストーリーですが、母親が帰ってくることが判って自分もホッとしました。
    子猫が重要な役割をしていると思います。

    ところで、この絵本には父親もおじいちゃんも出てきません。
    これは戦争と関係あるのでしょうか? 黒人であることと関係あるのでしょうか?
    それとも、この家族の事情なのでしょうか。
    父親として読むとき、この絵本における「父親の不在」がとても大きく感じられ、設定によって女の子の母親に対する心持が変わっていくのではないかとも思いました。

    すこし、さびしかったです。

    投稿日:2010/03/23

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット