もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

たまごのえほん自信を持っておすすめしたい みんなの声

たまごのえほん 作:いしかわ こうじ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2009年12月
ISBN:9784494002382
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,163
みんなの声 総数 27
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • かわいい

    いしかわこうじさんの絵本が好きな息子に。
    いろんな形、大きさのたまごから、いろんな動物たちが出てくるのが面白いみたいです。
    最近へびやペンギンの存在を覚えたところだったので、ちょうどそれが出てきて嬉しかったみたいです。何度も読んでくれと言われます。

    投稿日:2015/03/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • たまごの開き方

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、女の子1歳

    娘たち(1歳、5歳)は気に入ったようです。
    だれかの卵、仕掛けページを開き。
    「○○のあかちゃん、うまれたよ!」
    と、中身のあかちゃんが出てきます。
    この繰り返しです。

    開く仕掛け絵本ですが
    少し波を打ったような切り目で3方向に開くようになっています。
    一回めくるだけでは中身がまだわからないので
    プレゼントを開けるのに似てる気がします。
    思わず開きたくなる形状なのです。

    厚紙仕様ではないので
    ちょっと扱いには気を付けたいですが
    単純で何度も読んで楽しめる絵本だと思います。

    投稿日:2014/09/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • なにかな? なにかな?

    8ヶ月の孫に読んでいると、6歳の孫がとても得意になって、「今度は、何かな?何かな?」と、嬉しそうに弟に教えているのがとても微笑ましくて幸せな時間です。「ひよこさんでした かめさんでした へびさんでした ぺんぎんさんでした きょうりゅうさんでした」と、卵からでてくるあかちゃんの誕生をわくわくしてしかけを開いてました。赤ちゃん誕生の出てくる擬音語もとっても可愛かったです!

    投稿日:2013/08/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • たまごとあかちゃんのしかけ絵本

    • ヤキングさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子3歳

    色んなたまごがあって、産まれてくる赤ちゃんたち。
    白いたまご、色付たまご、しましま模様のたまご、大きいたまごに小さなたまご。
    そんなたまごから産まれる赤ちゃんもいろいろ。
    ひよこさん、ペンギンさんに恐竜まで!
    娘はわざと下のたまごを開かずに「あかちゃん、おむつしてる〜」と言うのがお気に入りです。
    とてもかわいらしい絵本です。

    投稿日:2013/04/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 7ヶ月ころから息子は大好き!

    絵本クラブ対象

    このえほんはおすすめです!
    男の子だからか、しかけのおかげか
    1ページ1ページにくいついてくれて読み応えありです。

    特に最後のきょうりゅうのあかちゃんのページは
    ニコニコがMAXです!!

    私は
    卵の割れる音→頭のページをめくる
    卵の割れる音二回目くりかし→体のページをめくる
    →あかちゃん全体を見せる

    というように読んでいます。

    興味深く見つめてくれる赤ちゃんの顔はいとおしいです。

    現在9ヶ月、いたずらしてやぶってしまうのも
    大好きなこの本だけです^^

    投稿日:2012/01/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • ふつうとちがうしかけ絵本

    児童館で読んでいただき、私も夢中に。

    いろんなたまごがどんどん割れるのですが

    割れるところがしかけになっていて

    めくるこちらも楽しい感じ。

    8か月の息子も夢中でじっと見ています。

    投稿日:2011/09/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • おすすめ

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    2歳の娘と読みました。これは新しいタイプのしかけ絵本ですね。さすがいしかわこうじさん!たまごが少しずつ割れて中から動物達が登場します。割れてるときのセリフも可愛いし、親子で楽しみながら読みました。

    投稿日:2011/09/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • おすすめ

    • アイババさん
    • 50代
    • じいじ・ばあば
    • 京都府
    • 女の子2歳

    2歳の孫へ読んでやりました。卵からペンギンやカタツムリが出てくるのですが、しかけのめくり方がとても工夫されていて面白い!そして様々なところにちりばめられた出てくるときの擬音語も面白い!!ほんとに卵から出てくる様子をじっくり味わえて楽しい本です。孫もとても楽しんでいました。素晴らしいアイデア作だと思います。

    投稿日:2010/10/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 1才〜2才の子供たちの子育て支援のお楽しみです

    たまごをわると・・・・割る順番は こどもたちの様子を見て
    わかりにわかりにくいように変えたり いろいろと変化を付けて楽しめるのが いいで〜す!
    参加型で みんなにも ワクワク感もてるので 仕掛け絵本の みりょくがありま〜す

    ひよこ かめ へび  ぺんぎん  さいごは きょうりゅう

    あそびながら 一人でも楽しめる仕掛け絵本ですよ!

    投稿日:2010/09/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 卵の殻が割れると

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    小さい子向けのおはなし会用にセレクト。
    いろんな卵が登場して、仕掛けで殻が割れると中から赤ちゃんが生まれる趣向。
    この仕掛けが、なんとも臨場感たっぷりでいい感じです。
    割れ方にもバリエーションがあって、面白いです。
    殻が割れる音、赤ちゃんの産声、出てくる様子が、なるほど!の擬音で心地良いです。
    イラストレーターでもあるとのこと、配色やシンプルな線がくっきりしていて、
    読み聞かせにはぴったりです。
    テーマが誕生ということで、そのあたりもポイントが高いですね。
    親子でほっこりしてもらいましょう。

    投稿日:2010/09/04

    参考になりました
    感謝
    1

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット