しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ねぇママ、どうしてきょうりゅうはがっこうへいかないの?なかなかよいと思う みんなの声

ねぇママ、どうしてきょうりゅうはがっこうへいかないの? 作・絵:カンタン・グレバン
訳:スギヤマカナヨ
出版社:らんか社 らんか社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2009年12月
ISBN:9784883301737
評価スコア 4
評価ランキング 20,247
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ユーモアも必要

    6歳長女に読みました。長女も小学生になり「どうして?」ということがいろいろ増えてきました。そのたびに「辞書で調べてみてー」と答えていたのですが、たまにはこんなユーモアもいいかな?ただお母さんが「どうしてワニのははあんなに大きいの?」という疑問に答える場面が、私はちょっと可哀想かなと思ったので。ー1にしました。

    投稿日:2014/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモアセンス抜群

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    カンタン・グレバンと言えば、「ウルフさんのやさい畑」「カプチーヌ」等でお気に入りの作家の1人です。
    この作品は、「ねぇパパ、どうしてシマウマはローラースケートをはかないの?」の続編にあたります。

    「ねぇ、ママ、どうして キンギョは サメが すきじゃないの?」
    「それはね、サメが いっしょだと きゅうくつだからよ」

    という問いから物語は始まります。
    サメとキンギョが丸い水槽に一緒に入っている絵は、キンギョがサメと水槽のガラスに見事に挟まれているもの。
    有り得ない絵なのですが、思わず笑ってしまいました。

    こんなママと女の子の質問が続くのですが、どれもこれも、ユーモアに満ちたものばかり。
    全部が全部、腹を抱えて笑えるものという訳ではありませんが、水準は高いと思います。
    子どもよりも、大人の方がこのセンスに惹かれる気がしますが、絵を見るだけでも、かなり楽しめます。
    きっと、誰でも気にいる一枚の絵が、あるはずでしょう。
    幅広い層に対応する絵本だと思います。

    題名の問いの回答は、裏表紙にあるので忘れずに。

    投稿日:2010/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さん偉いなあ

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子10歳、男の子6歳

    子どものふしぎな質問に、お母さんがちゃんと答えてあげているのが、すばらしいなあと感心してしまいました。
    子どもの質問は、どれも???な感じで、私だったら「そんなこと考えないでいいの!」って言い放ってしまいそうです。
    でも、どんな風変わりな質問にも、お母さんはお母さんなりのユーモアたっぷりの答えを持っていて、お母さんもぜんぜん負けていない。どちらも想像力が豊かで、親子よく似ているなあと思いました。
    子どもの質問や親の答えにあわせたイラストが、現実にはありえないものを描いているので、かなりひきつけられます。思わず笑ってしまう絵もあったりして、絵だけながめるのも楽しいです。

    投稿日:2010/02/13

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


おやすみ前にぴったりの絵本!本をなでたり、ゆらしたり♪

みんなの声(14人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット