宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

のんきな父さん」 パパの声

のんきな父さん 作:丘 修三
絵:長野 ヒデ子
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年11月
ISBN:9784338222051
評価スコア 4.25
評価ランキング 17,297
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 命と心のバトン

    「長い道のりを 歩いてきたお年寄りは 人生のバトンを きみたちに渡して 去っていくのだ。 生きる喜び、悲しみ 身につけた知恵 そして 人へのやさしさにみちた バトンを。」

    この本の冒頭に書かれたこの詩がたまらなく好きです。
    そして、5つの物語に通じている子どもたちへのメッセージを見事にまとめていると思います。

    5つの物語は、すべて死と結びついています。それでいて心和むお話ばかりです。
    携帯電話をほしいと駄々をこねて、家でまがいの隠れん坊をしたこうじ君とおじいちゃんのお話。
    おばあちゃんのへそくりを使い込んでしまったおじいちゃんが、シュン君をてなづけようとして、8歳の孫の成長を痛感するお話。
    それからそれから、きんもくせいのおばあちゃん。にえもんおじいちゃん。
    みんなとても人情味あって…。
    最後はお父さんのお話だけど、お父さんが亡くなってから知ったお父さんの偉大さ。

    あまり書くといけないのかもしれませんが、全部の物語が読んでくれる子どもたちにバトンを渡そうとしています。
    命と心のバトン。一番感受性豊かに受け止めてくれるのは高学年から中学生のような気がします。
    顔には出さず、心で受け止めてくれる子どもたち。
    押し付けるのはやめましょう。

    年末に最高の本に出会いました。

    投稿日:2009/12/16

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット