新刊
魔女からの手紙

魔女からの手紙(ポプラ社)

カスレちゃんという魔女にとどいた20人の魔女からの手紙。著名な画家陣が魔女のイメージで描いた絵に角野栄子が手紙文をつけた注目の絵本。

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(17) 犬の目」 みんなの声

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(17) 犬の目 作:桂米平
絵:いとう ひろし
出版社:フェリシモ出版
本体価格:\1,286+税
発行日:2009年12月
ISBN:9784894325067
評価スコア 4.59
評価ランキング 4,617
みんなの声 総数 43
「おはなしのたからばこワイド愛蔵版(17) 犬の目」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

43件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 目をめぐっての展開がすごい

    このお話は、目の痛みを訴える男性が眼医者を訪ねることから始まります。
    その後のお話の流れがありえないことだらけで逆におもしろいという、落語ならでは(私は落語のことは全く知りませんが)の展開です。

    もし現実にこんなことが起こるのなら身体の他の部分でも起こるということになって、そこそこの病気なら楽観視できそうです。

    どちらかというと大人向けのような気がしますが、小さなお子さんでも笑いながら読めそうです。

    投稿日:2020/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • さいしょはびっくり

    さいしょはびっくりでした。

    こうしたみかたもできるんだね。
    人によって見方も考え方も違うので
    とっても おもしろく拝見できました。

    決してホラーではないと思います。
    一度はよんでいただきたい一冊ですね。

    さいごのおちはおもしろかったです。

    投稿日:2019/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 関西弁でテンポのよい笑い!

    目を取り出して洗うとか…実際にこんなことありえないし、内容だけみるとホラーですが、いとうひろしさんのほんわかしたユーモラスな挿絵が内容とマッチして、面白く読めました。

    超適当な眼科医さんと患者さんの大阪弁の掛け合いが楽しい。
    助手の吉田くんもいい味だしています。

    6年生の読み聞かせに読もうと思います。

    読み聞かせ時間:7〜8分

    投稿日:2019/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • とりあえず代用品

    上方落語なんですね。
    落語では聞いたことがなかったので
    なんて変なお医者さんだろうとおもながら
    結末の見当もつかずに読み進みました。
    目を食べてしまった犬も迷惑なお話ですが
    本当に、新しい目が出てきますように。
    目を取り替えられたおじさんは、
    目以外の犬の習性をも、受け継いでしまったのですね。
    オチのために、こういう風になったのでしょうかね。

    投稿日:2018/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑った

    息子が読んで「面白かった」と私にも読み聞かせしてくれました。
    かなり奇想天外な話で、さすが?落語だなぁと。でも、落語は昔ながらのイメージなので現代が舞台なのも新鮮です。
    あまりにあり得ないので、純粋に笑えます。

    投稿日:2016/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • あんまり、笑えない?

    全頁試し読みで読みました。目医者の先生と治療してもらっている男との会話が、お気楽で笑えるのですが、よく考えたら気の毒で笑えない(笑)二人のやりとりは、やっぱり面白いです。犬の目をいれたら、電柱におしっこをしてしまうなんて・・・・・・・女の人でなくてよかった〈笑)絵ものほほ〜んとしていてユーモアがあってマッチしていると思いました。

    投稿日:2016/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 落語を聞くとわらえます
    この絵本 犬の目を 取り替えた医者 いい加減な医者です
    なんとも 落語の医者は 漫画の世界から飛び出したような 
    こんな医者 いたら この世の中どうなるかと笑えますが・・・ 

    えっ!こんな医者に治療はしてほしくないですわ!

    そして 目を治療してもらった男も お気楽な男ですね

    目はよくみえて しかも 物音が聞こえすぎて 電柱でおしっこしたくなるんですから まさに 犬になったようですね

    さて 人間の目を食べた犬はどうなったかな?  想像してしまいますが・・・

    関西弁の口調と テンポのよさが 落語の世界の醍醐味です

    いとうさんの絵も ピッタリ お気楽な感じが  いいです

    投稿日:2016/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • わからなかったー

    小学2年生と年長の娘たちに読みましたが、2人は「怖いー。ありえないー」と怯えていました。落語のようですが、私も笑えなかったです。やっぱり鈍いからなのか…。わかる人はわかるのかな?理解できなかったので、☆3つにしました。

    投稿日:2016/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 現実にはありえないナンセンスな面白さ。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    上方落語家≪桂米平≫の書きおろした子ども向け上方落語です。
    いとうひろしさんの挿絵がおはなしの雰囲気にあっていて読み易かったです。
    「落語」って現実ではありえへん。と思うことが平気で起こるユーモラスな話がたくさんあります。
    絵本でいうなら感覚的に近いのは、長新太さんのナンセンス絵本みたいな世界ですかね〜。(あくまでも私的なイメージですが)

    この話もとっても不可思議でかつ笑えます。
    目が悪くなってるからって、抜き出して洗って、更に犬の目入れちゃうなんてこと、まずありえませんから。(笑)
    でも、そこをもっともらしく語るのが「落語」なんですよね〜。
    楽しい話にワクワクしておはなしのオチもわかる年頃、小学校の中学年から高学年くらいのお子さんたちにいかがでしょうか?

    投稿日:2015/12/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい!

    落語とゆうとどこか難しいとゆうイメージで親しみがなかったのですが、わかりやすい絵本なら、楽しく読むことができますね。私は関西人なので、関西弁でのかけあいは耳に心地よく、また内容もテンポ良く面白かったです!息子もきっと爆笑間違いなしです(笑)とくに息子のような小さなこどもたちには落語は近寄りがたい感じなので、落語絵本で親しんでくれたらなと思いました。

    投稿日:2015/12/09

    参考になりました
    感謝
    0

43件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おやすみなさい おつきさま / きんぎょがにげた / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / キャベツくん / よるくま / バムとケロのさむいあさ / いいこってどんなこ?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


【連載】第5回「怪奇漢方桃印」シリーズ 桃さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット