オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
イヨイヨさん 30代・ママ

買わずにおられなかった、オオイシさん
ワタナベさんでハマって、もう本棚いっぱ…

はじめてのおるすばんなかなかよいと思う みんなの声

はじめてのおるすばん 作:しみず みちを
絵:山本 まつ子
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1972年
ISBN:9784265907014
評価スコア 4.46
評価ランキング 8,359
みんなの声 総数 67
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • お留守番できますか?

    初めて、一人でお留守番したときのことを覚えています。
    家の中が急に広くなったような気がして、物音に敏感になって、家中の電灯をつけまくりました。(笑)

    そんなお留守番をする気持ちを描いた絵本です。

    みほちゃんはお母さんにお留守番を頼まれます。

    段々、心細くなるみほちゃん。

    でも、こんな時に限って玄関のチャイムが鳴ります。
    「どうしよう?」
    最初は小包、次は新聞の集金、みほちゃんの「どきどき」は続きます。。。

    新聞屋さんがポストの窓口から目だけを覗かせるのはおもしろいです。
    やさしい水彩画で描かれた愛らしい子供。自然な色彩。
    なんでも「初めて」だったあのころの子供の視点で描かれています。

    ほのぼのでおすすめです。

    投稿日:2006/05/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • おるすばんの気持ち

    表紙の絵を見ても「おるすばん」の不安な気持ちが
    とても表現されていると思いました。
    絵もストーリーも昭和を感じます。
    1972年の絵本、この時 主人公みほちゃんと同じ
    3歳だとしたら、現在44歳ですものね。
    私はそのころ中学生だったのか。。と思ってしまいました。
    3歳の女の子が初めて「おるすばん」をして、
    インターホンが鳴る、新聞の集金、小包の配達という不安。
    当時ならありえる状況ですね。
    おかあさんが帰ってきてホッとする、
    泣かずに説明する、ぬいぐるみのくまちゃんも一緒に
    おみやげのプリンを食べている笑顔。
    なつかしいような時代を感じました。
    現代の3歳のお子さんの「おるすばん」の状況、
    気持ち、時代背景はどうだろうか、
    ふと そんなことも気になった おばあさんの私です。

    投稿日:2016/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • びびってしまいました・・・。

    子どもがお留守番という行為を通して、成長していく
    姿を描いた絵本です。
    娘もそろそろ・・・・・、なんて思いで読んでみたのですが、
    我が家の娘は、かなりびびってしまい、1度読んだら、
    2度と読んでくれませんでした(笑)!!
    たしかに、絵がリアルなだけに、ちょっとこわいかも・・・です。
    でも、成長を描いた絵本としては、素晴らしいと思います。
    もう少し大きくなったら、また挑戦してみたい絵本です。

    投稿日:2016/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • しみずみちをさんの絵本は「ちいちゃんシリーズ」を私は子供の頃に持っていて
    今は娘に引き継いで読んでいます。
    そしてこちらの「はじめてのおるすばん」も私も子供の頃に読んだことのある絵本で,大人になった今表紙を見ても記憶にあります。
    子供心に,どきどきしながら読んでいたのを思い出します。

    1972年に描かれた絵本なので,現在と世の中の環境も違っているでしょう。
    親になって改めて思うと,我が家の娘は4歳ですが,ひとりでお留守番なんて絶対に心配でさせることはできません。
    その分,こういう絵本で気持ちを味合わせるのもいいですね!
    そして注意しなくてはいけないことなどを読んだ後に親が子供に話してみるのもいいと思いました。

    投稿日:2014/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい!

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子3歳

    子供の頃、母に読んでもらっていたこの絵本。
    大人になってからは初めて読みました。

    ああ。そうそう。こんなのだった。と、とにかく懐かしい。
    そしてドキドキする。

    このみほちゃんは3才で“はじめてのおるすばん”を経験してるんですよね。今とは時代が違うなぁと感じますね。

    郵便受けから覗いた二つの目が、私は幼い頃すごく怖かった覚えがありますが、大人になって改めて読んでもやっぱり怖かったです^^;
    怖がりな息子たちに読んでやる決心は・・・まだつきません。

    投稿日:2011/07/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 緊張

    「ほんの30分程だから・・・」と、たまに留守番をさせています。(本当は、ダメだと思いつつ・・・)

    大人にとっては「ほんの少し」でも、子供には長い長い緊張の時間なのですね。

    ママが帰ってきたら、こづつみがきたことや、新聞の集金がきたことを、ちゃんと伝えるなんて、3歳にしてはよく出来た子です。

    みほちゃん、頑張ってお留守番できたね。
    プリンが食べられて良かったね。

    頑張った後のプリンは、きっと特別でしょう。

    投稿日:2011/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • しみずさん

    しみずみちをさんの作品だったのでこの絵本を選びました。女の子の心のひだまでしっかりと描いているのはさすがだなと思いました。初めての留守番が以下に心細いのかを再認識出来るのが良かったです。主人公の目からポロリとこぼれ落ちる涙の描き方に感動しました。笑顔になった主人公にほっとしました。

    投稿日:2010/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖い!

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    私が小さかった頃に読んだ記憶があるのですが、細かい内容は覚えていなかったので、こんなおはなしだったんだなぁと新鮮な気持ちで読みました。
    でも、めだまのおばけのページにきたらドキッ!思い出しました!子どものとき、もうすごくすごーく怖かった。大人が一人で家にいたって、郵便受けから誰かが覗いたら怖いですよねぇ。三歳のみほちゃんがどんなに怯えたかと思うと胸が痛みます。
    お母さんのお土産のプリンを嬉しそうに食べるみほちゃん、きっと安心感と達成感でいっぱいなのでしょう。
    ちょっと時代背景が古いですが、子どもがすっと感情移入しやすいいい絵本だと思います。
    余談ですが、木彫りのくまって当時はどの家にもあったのでしょうか。この絵本に当たり前のように出てきて、うちにもあったのを思い出しておかしくなってしまいました。

    投稿日:2010/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • どきどきの娘

    初めてお留守番をすることになった みほちゃんのドキドキの様子がよく伝わってくる絵本です。
    ママの留守中にやってくる訪問者が結構怖く描かれていて
    わが娘もどきどきしながら聞いていたようです。
    ほのぼのしながらも臨場感があって
    子どもには身近な題材なのではないかと思います。
    でも昨今一人でお留守番をさせること自体に親にとっては
    不安が付きまとう世の中になってしまいました。
    現在娘は5歳ですがやはり何かあっては・・・となかなか一人にできません。
    それが過保護なのか適切なのかいつも悩みます。
    でもこの絵本のみほちゃんのように
    ドキドキしながらも“ひとりで出来た”っていう達成感を体験させることはすごく大事ですよね。

    投稿日:2008/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 次女のお気に入り

    3歳のみほちゃんのはじめてのお留守番の話。
    みほちゃんの目線でかかれていて、こどもの気持ちが
    よく伝わります。
    次女の大のお気に入りで、よく読んでやりました。
    彼女は甘えん坊で、こわがり、これがまるで
    ミステリー小説のようだったかもしれません。
    その娘も32歳 今はアメリカの大学を出て、結婚して
    バリバリのキャリアウーマンです。
    でもあの頃の甘えん坊の姿は忘れられません。

    投稿日:2008/05/06

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ともだちや / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

みんなの声(67人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット