キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

だじゃれ日本一周」 みんなの声

だじゃれ日本一周 作:長谷川 義史
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年12月
ISBN:9784652040850
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,327
みんなの声 総数 78
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

78件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 父子のだじゃれ合戦

    読み聞かせボランティアをしている私。四十七都道府県をだじゃれと愉快な絵で楽しく一周してしまうなんてスゴイ本だ!と惚れ込み大型絵本を持って学校などで読むこと数知れず。いつしか覚えてしまって県名を見聞きすれば思わずだじゃれが出てしまう。そんな私が学童保育で子供達と遊んでいるときバラの花を指差し「きれいな花には茨木県」と言ってしまったのを小3の男の子がすかさず「違うよ!きれいな花が埼玉県。バラの花には茨城県だよ」と訂正したのです。私はあわてて間違いをあやまり「すごいね。本持ってるの?」と聞けば「うん!あの本スゴく楽しいんだ!お父さんといつも言い合ってるんだ」と満面の笑顔で言ってくれました。堂々と小節もきかせた言いっぷりはお父さん仕込みでもありました。お迎えの遅いご家庭だし、寂しそうだと思っていたけどこれまた訂正。絵本を挟んで彼には濃密で楽しい親子の時間がありました。そのあと「全部覚えちゃった」という彼にみんなの前で「だじゃれ日本一周」を発表してもらいました。拍手を浴びて誇らしげな彼の顔は忘れられません。

    投稿日:2015/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供うけ抜群!

    子供が大好きな長谷川さんの絵本、その上今幼稚園で大流行しているダジャレがあわさった最強の組み合わせ!なので、とても気に入り面白く楽しく読みました♪
    これで都道府県を覚えてくれたら更に良いですが(笑) たくさんある県の名前に楽しく触れ、自分やおばあちゃんの住んでいる県名等、身近な人の住むところに興味を持ってくれたようでした☆
    名物も出てきたり、いいからいいからのおじいちゃんが出てきたり、絵を見ているだけでもすごく楽しめます♪

    投稿日:2015/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 低学年にぴったり

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子3歳

    長男と一緒に読みました。一年生になってからというもの、なぞなぞやダジャレなどの楽しめる分野の本をよく読むようになりました。友達との関わりが増える時期で、いろいろなネタを仕入れては披露して得意になっている年頃です。

    都道府県についてはまだ学校ではならっていませんが、大体はわかっている様子、クックッと笑いながら、覚えられそうなのを繰り返し練習していました。楽しいですね。

    投稿日:2015/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • おやじギャグの連発!

    おもわず、プー!
    吹き出してしまうこと、何回あったでしょうか。
    作者さん、構想、制作にどれだけの時間と技術を費やしたでしょうか。
    まずは、最初から声を出して読んでみました。
    次は、登場人物の特徴を観察、そして、画面のあちこちにある、その県の特産物を見つけ、次々に新しい発見、そして、何度でも楽しむことができました。
    子どもたちには、テンポよく、そして、知っている県名のところをピックアップしながら読んであげると、さらに引き込まれていくこと間違いなしです。

    投稿日:2015/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい本です!

    だじゃれで日本を紹介してしまう、というより日本が旅行できてしまう素敵な本でした。日本の事についてあまり詳しくなかった私も、このダジャレの本で楽しく日本のことが勉強できてしまいました。家族みんなでダジャレを言って明るく楽しく家族が笑いに包まれてしまうような、そんなすごい1冊でした。

    投稿日:2015/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 細部の書き込みも面白い

    シャレそのものはかなりいい加減というか駄の名に恥じないレベルだが、細部の描き込みが予断を許さぬこだわりよう。福井県の東尋坊には「サスペンス劇場」と描いてあり、愛知県はビルのむこうから「みゃー」の叫び声。子どもむけだからとあなどってはいけない。

    投稿日:2015/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「社会」の勉強が大嫌いな子にも!

    娘は暗記モノが苦手。特に、社会の授業はおっくうな様子。
    でも、この本でテンポよく都道府県名を読んでいくと、結構
    のってきてくれました。ご当地名物が、カラーでダイナミック
    に描かれているところも絵本ならでは。視覚で自然に学べる
    ところは、学習書とは違う良さだと思います。

    投稿日:2015/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • げらげら笑って旅行気分

    「おしりをきれいにふくしまけん」がお気に入りの5歳の娘は、「それならとだいぶつさんもおならけん」で私の出身を覚え、私が娘の前でプッと聞かそうものなら「さすがおならけんやな」なんて。ちょっぴり下品でも、子どもはそういうのが大好き。小さいうちに思う存分そんなダジャレを楽しんだらいいと思います。土地の名物がふんだんに盛り込まれた各ページは大人も見ていて飽きません。「ここは○○ちゃんちがあって」「次はここへ行きたいな」などと夢膨らみ旅行気分。長谷川先生のほかの御本をご存知の方なら、小人探しやいいからのおじいさんにもお気づきのはず。楽しみがちりばめられています。47枚目の「たのしかった?じゃ、はじめからもっかいどう ほっかいどう」にまんまとのせられてもう一度子どもに読まされる羽目になるのも痛快ですよ!今では家族で新たな「都道府県ダジャレ」を作って楽しんでいます。

    投稿日:2015/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • だじゃれが面白い!よく47こ考えたなぁと感心しました。
    自分で考えただじゃれをいうのは恥ずかしいけど、絵本だから堂々と言えます!
    子供もハマったらしく、気に入っただじゃれを繰り返し言って楽しんでいる様子。なにせだじゃれが47こもありますから、好きなダジャレが必ず見つかります。
    絵もなかなか凝っていて、この県の名物はこれだったんだと思いながら、子供にはこれが有名なのよってえらそうに言っています。
    おもしろい絵とだじゃれで楽しく都道府県が覚えられるのでおすすめです。

    投稿日:2015/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • だじゃれ日本三周

    • マキにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子7歳、女の子4歳

    『すべってころんでおおいたけん』は、むかし喜んで言っていた記憶があります(笑)
    でも、侮ることはできませんっ!見開き2ページで、二つの都道府県がちゃんと物語になっていて、しかも、なんとなく、ご近所さんでまとめてあります。
    作者の長谷川さんは、どの都道府県同士をセットにしようか、かなり悩まれたと思います。
    本当によくできてるなぁと感心しました。
    7歳の息子と4歳の娘には、多少わからないところもあるものの、テンポの良さも手伝って、なにやらツボにハマったようで、一気に日本3周させてもらいました。
    そして、やっぱり、子どもたちの笑いと一番人気をさらっていくのは、大阪府です!
    生まれも育ちも大阪の私にとっては、誇らしいような、こっぱずかしいような…
    そんな私は、“巌流島の決闘、SL、松下村塾”と知的な山口県や、“もも、ぶどう、武田信玄”と爽やかな山梨県などに憧れてしまいます。
    また、高学年くらいのお子さんなら、都道府県名のところを伏せて、クイズ形式で読むのも楽しいかも知れません。
    この名物のなかで、唯一わからなかったのが、沖縄県の“ミルク様”。早速調べました。
    また、訪れたことのある都道府県では、さらに盛り上がります。
    頭の柔らかい子どものなかでは、行ったことのない都道府県は、きっとこの絵本のだじゃれのイメージが根付くと思います(笑)
    子どものころのことは、大人になってからもよく覚えているので、きっとウチの子たちのイメージは、このまま定着することでしょう(笑)
    これほど影響力の長い絵本は、珍しいかもしれません。
    いやぁ、まいったまいった、長谷川さんにはかなわんがなけん(神奈川県)

    投稿日:2015/11/26

    参考になりました
    感謝
    0

78件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / あおくんときいろちゃん / ともだち / チリとチリリ / としょかんライオン / だるまさんが / ななちゃんのおかたづけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


『にんじゃかぞえうた ひみつのてがみじゃ!』 さいとうしのぶさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット