新刊
新装版 スノーマン

新装版 スノーマン(評論社)

名作『ゆきだるま』が装いをあらたに!

  • かわいい
  • ギフト
新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる

とびきりのおくりもの」 その他の方の声

とびきりのおくりもの 作・絵:仁科 幸子
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
税込価格:\1,210
発行日:2006年07月
ISBN:9784333022205
評価スコア 4.6
評価ランキング 4,253
みんなの声 総数 4
「とびきりのおくりもの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 生きる世界が違う二人。別れは必然

    • 渡辺諦さん
    • 30代
    • その他の方
    • 東京都

    【あらすじ】
    ウサギのピモとティッキは、いつか別れなければならない。ピモは地元に残り、ティッキは新天地を求めて冒険に出る。ピモは親友に何かとびきりの贈り物をしたくて、それを探しに行くが、なかなかよいものが見つからない。そして、二人の別れの時は近づいてくるが…

    【感想】
    二羽のウサギは、野ウサギと耳長ウサギと、種類も違う。体の大きさも、生き方も違う。小さい頃は一緒に暮らせても、いずれそれぞれに合った暮らしを求めて行かねばならない…これは、学校を卒業して、仲の良い友達と別れてそれぞれの進路を進みだすお話ではないかと思った。

    地元に残るピモは、何をやってもダメで、いいところが一つもないような愚鈍な感じだった。それでも何かを成し遂げようと一生懸命にやっている姿が感動的。このウサギを見ていると、昔、小学校の頃にいた似たような人を連想する。あの人は、今頃どうしているのだろう?あんなに泣き虫で、だらしなくて、ダメ人間でやっていけるのか?…余計なお世話である。

    ピモが贈り物を探す時、カタツムリとカエルと小鳥に尋ねる場面は、民話のような、繰り返しのパターンが効果的。この問答を通して、読者も「本当に大事な友達」のことや、「大事な人にあげる贈り物」についてあれこれ考えさせられる。
    小鳥が一番、現実的で残酷な答えを出すところが、パンチが効いている。ハッとするというか、正気に戻るというか、感傷的になりすぎて軽く夢見心地だった自分を反省してしまう。
    現実の厳しさを、容赦なく描いている。絵が優しい感じだけど、内容は結構ハード。
    それにしても、この二匹はその後、どうなるのだろう?気になる…

    投稿日:2017/04/04

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



内堀タケシさんの写真絵本「ランドセルは海を越えて」 不要になったランドセルをアフガニスタンへ届けて17年

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット