なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

ぼくのママはどこ?自信を持っておすすめしたい ママの声

ぼくのママはどこ? 作:ジュリア・ドナルドソン
絵:アクセル・シェフラー
訳:久山 太市
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年06月
ISBN:9784566007093
評価スコア 4.39
評価ランキング 11,441
みんなの声 総数 17
「ぼくのママはどこ?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい ママの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 捜索

    サルの子供がちょうちょに聞きながらお母さんを一生懸命探しているのがかわいかったです。子供もお話を聞きながら、「サルのお母さんやから猿やし!!」って言って笑って見ていました。ストーリー展開もとっても面白かったので良かったです。

    投稿日:2012/06/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんなヒントでママ探しの絵本

    • モコママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    迷子になっているサルのこにちょうちょうがおかあさんをさがしてあげるお話。でも、ちょうちょうがみつけてくれるママはサルのこのママとは似ても似つかないママばかり。いろんなヒントをだしてママをさがして最後には・・・。

    ちんぷんかんなちょうちょうに息子は「違うよね。これもママじゃやないね。」と言いながら喜んでページをめくります。なんでちょうちょうがこんなにとんちんかんなのか・・・その訳がわかると「なるほど!」と思ってしまいます。ただ、おかあさんを探すだけでなくひとひねりしてあるところがお気に入りです。最後の「ママだぁ」のところで子供をぎゅーとしてあげると、とても幸せな気持ちになれますよ。

    絵が独特で他にはない面白さがあります。

    投稿日:2009/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ずっと笑ってました

    おさるの子が迷子になって「ママはどこ?」。
    そこへ現れたちょうちょのおじさんが「探してあげる」と申し出る。
    ママはどんな様子なのか、おさるの子が言うたびに、
    「あそこにいたよ!」「それならこっちだ!」
    とちょうちょのおじさんはあちこち連れて行ってくれるけど、
    なぜか全然違う動物のところへ・・・

    ページをめくるたびに出てくる「間違い」に子供はウケまくりでした。
    でも、最後に「そういうことだったのか!!」と親子で納得させられ、
    とてもよく出来た話だなぁと感心してしまいました。

    絵も鮮やかな色でハッキリしていて、
    楽しく盛り上がれる絵本でした。

    投稿日:2008/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 説明がまだむりよね。

    今の低学年の子供でも、自分のアドレスと電話番号をいえない子が多いですよね。友達同士で、「○○ちゃんのうち、どこの近く?」と質問してもわからないと帰ってくる。いろいろ特徴を聞くとちょっとしか出てきませんよね。
    このお猿さんはまだ小さいのでちょうちょさんとであった時に、まとめてこういうママだよと言えない。一つ一つずつしかいえないのよね。お母さんでも子供と同じ顔もいますが、全く似ていないものもいますよね。私も、小さい頃勝手にどこかへ行って迷った時にまだ小さかったので、自分の名前がうまくいえませんでした。おまわりさんが質問していても私の言っている言葉が通じなかったようです。自分にはわかるように言っているつもり。全部を伝えるのに小さい子は時間がかかりますね。ちょうちょさんも根掘り葉掘りと聞き込みすれば一発にママを当てられるのにね。
    でも、猿の坊やが親に出会えてよかったです。
    今まで寂しかったからギュッと抱きしめたくなりますよね。

    投稿日:2007/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • とぼけた蝶が笑えます!

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子8歳、男の子6歳

     親子で読みながら、ページをめくる度に笑ってしまいました。
     ジャングルの中で迷子になってしまったサルの子を親切なチョウチョのおじさんが助けてくれるのですが、それがどうもトンチンカンなのです。
    「ママはどのぐらい大きいの?」
    と、聞かれて
    「ママは、ぼくより大きいの」
    と、答えたら、自信満々にママを見たと言って連れて行かれた先に、なんとゾウがいたりします。チョウに連れて行かれると、終始とんでもないママが現れるのです。もう、そりゃないだろうという生き物ばかりです。
     何でそこまでトンチンカンなのだ、と思ったら・・・そう、チョウの親子は、全然似ていないのが当たり前だからなのです。それにしても、チョウのおじさんは、いい味出しています。
     この発想に着眼し、この物語を書いたジュリア・ドナルソンさんは、すばらしいと思いました。
     見開きいっぱいに、ジャングルの様々な生き物が登場し、細かいところまで楽しめます。なんといってもアクセル・シェフラーの描く明るく色彩の豊かなかわいい絵が、とてもトロピカルで、お話にすごくマッチしています。
     そして、ママの胸に飛び込んで終わるラストもすごくほのぼのとしていて、とても微笑ましくて大好きです。

    投稿日:2006/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奥深い本

    おかあさんを探す猿の子どもに、次々と全然違う動物をおかあさんでしょ?と言ってくるチョウチョ。
    最初は、子どもと「全然違うねぇ」と笑いながら読みすすめていました。

    でも、「ママが自分に似ているのは常識でしょ?」と言う猿に、自分の子どもは毛虫で、自分とは似ていないから君も似ていないと思ったのさと答えるチョウチョ。

    うーん、と考えさせられてしまいました。
    人は(特に日本人)は、親子は似ているものという先入観を持ってしまう。
    親子に限らず、他人を見た目でこうと決め付けてしまいがち。

    でも、世の中には色々な人がいて、みんなそれぞれが違うわけだし、また見た目というものは、けっしてそれがすべてを表すわけではない。

    そんな大事なことが、この楽しく愉快に進んでいくお話にこめられているのだなと、なんだか感心してしまいました。
    小さい子から小学生くらいまでオススメです。

    投稿日:2006/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり、ママがいい・・・

    5才の息子は、ちよっと大人びている面がある。
    でも、とっても甘えん坊。赤ちゃんの真似をしたりする。それでいて、父親っ子で、つかみ所がない。
    そんな息子が、図書館の棚から自分で選んだ来た。
    「森の中、色々な虫がいて、楽しそう」で始まった。
    おさるは、自分と同じなのか?
    そうそう、ちょうは親と子供の姿が違う。
    息子も虫が大好きなので、嬉しいそうにページをめくっていった。
    なかなか、子供の心を良くとらえた、良い本だと思います。

    投稿日:2004/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / なにをたべてきたの? / ぼくのくれよん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.39)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット