なつのもりの かぶとむし なつのもりの かぶとむし
文: 谷本 雄治 絵: サトウ マサノリ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
夏がきた!夏の絵本、虫の絵本、カブトムシ絵本の新ていばんが出来ました!

みんなあかちゃんだった」 パパの声

みんなあかちゃんだった 作:鈴木 まもる
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年05月
ISBN:9784338069298
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,295
みんなの声 総数 55
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いつみても、ほのぼの

    ずっと前に、本屋さんで見つけて買いました。
    子供たちも大きくなりましたが、今見ても、その当時にタイムスリップしてしまうぐらい、引き込まれる絵本です。
    赤ちゃんが生れたら、お祝いとしても活用しています。

    投稿日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ある、ある!

    • ウゴウゴパパさん
    • 30代
    • パパ
    • 山口県
    • 男の子5歳、女の子3歳、女の子1歳

    2番目の子が生まれるころ、この本と出会い、即買いでした。その当時、上の子はまだ2歳でしたが、「ああ、こんなのウチもあった…」「あ、そうそう、いままさにコレ!」と、お話でもないのにすっかり感情移入してしまい、思わず涙ぐんでしまったほどでした。そんな本なので、子供用でなく自分のために…と絵本の棚からよけていたのですが、いつの間にか見つかってしまい、すっかりヨレヨレにされました(笑)。それくらい上二人の子も大好きで、「ここ読んで!」「次はここ!」とリクエストしては、「ボクもこんなじゃった?」「あ、○○(一番下の子)がよくこんなのしよるよね!」と大喜び。最近は、赤ちゃんのそばでツッコミを入れているネコの一言も、ツボにハマっているようです。

    投稿日:2006/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供が成長するにつれ、その子があかちゃんだった頃の細かいディテールは、どんどん忘れていってしまいがちだと思います(父親に多い傾向かな?)。
    私の場合、いま、あかちゃんを育てている最中の人から「○ヶ月頃って、こういうことした?」なんて、聞かれても、「どうだったかな…?」と、答えにつまってしまうことの方が多いです。
    この本では、子供がどの月齢の頃に、どんなことをするかが、描かれています(ただ、「えっ!うちの子はまだこんなことできない」なんていう見方はしない方がいいでしょう。そんな目的のための本ではないと思います)。
    描かれている子供の発達過程をゆったりとした気持ちでながめることで、自分や自分の子供、まわりの人たちや世界中の人たちが「みんなあかちゃんだった」ということがあらためて実感できる本だといえます。
    子供は成長していくにしたがい、憎たらしくなるようなことをしたり、言ったりして、親とぶつかるようになるものです。でも、子供と思い切りぶつかり合った後に、この本に描かれているような視点を親が再確認できれば、きっと、それ以上、ことが悪い方向に進むことはないと思います。
    みんな、段階を踏んで成長します。
    子供に対して、あたかも、自分ははじめからずっと大人だったかのようにふるまうことだけはしないようにしなければ…と、感じさせられた本です。
    どちらかといえば、おとなに向けて作られた絵本かもしれませんね。

    投稿日:2004/08/30

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


カエル親子の陽気な会話で繰り広げられる成長と気づきの物語

みんなの声(55人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット