ありとすいか ありとすいか
作・絵: たむら しげる  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ある夏の午後、すいかを見つけたありたちは、巣に運ぼうとしてみんなで力を合わせて押しますが、びくともしません。そこで − − − 。

みんなあかちゃんだった」 その他の方の声

みんなあかちゃんだった 作:鈴木 まもる
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年05月
ISBN:9784338069298
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,297
みんなの声 総数 55
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • これから赤ちゃんを迎えるパパママに
    絵本というより、育児書かな。
    こんな風に、大きくなっていくんだよ、と想像できますね。

    でも、実際には、個人差があるので、決してこの通りでなくてもよいということは、知っていてほしいかなと思いました。

    投稿日:2017/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくましいぞ!母と子は

    • もゆらさん
    • 60代
    • その他の方
    • 神奈川県

     鈴木さんの育児日記、微笑ましいなぁ。
    それにとっても些細なところも見逃さずに、赤ちゃんを見守って観察して。
    母と子のコミュニケーションが、人の世の礎をつくっていると思うと
    神棚に祭って毎日手を合わせたくなるほど、感謝したい気持ちになります。

     赤ちゃんが素晴らしいのは、たくましいからだよね。
    お母さんは赤ちゃんにそのエネルギーをもらって、やさしくたくましい。
    鈴木さんのひとコマ、ひとポーズに、時間を飛び越え驚くほど昔でも
    昨日のように思い出す瞬間が現れて、泣きそうになってしまいました。

     国会議員のみなさーん、ぜひ見てくださーい。
    大人の男性は、しっかりせにゃ恥ずかしいですよー。
    とてもとても、感謝。

    投稿日:2016/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんになったときに

    これは、いつかお母さんになったときに読みたい絵本です。

    赤ちゃんの特徴や成長の過程が、月齢ごとに描かれています。

    1ページの情報量が多いので
    読み聞かせには向きませんが、

    自分がどのような赤ちゃんだったのか
    知るのが大好きな子どもたちにとっては
    とても興味深い絵本だと思います。

    投稿日:2014/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 丁寧な 育児書です

    本当に みんな お母さんのおなかの中から生まれてきて、赤ちゃんだったんです
    世界中の全ての人が・・・・

    お母さん お父さん お婆ちゃんおじいちゃんたち みんなに 祝福されて!
     成長していくのが 丁寧に描かれていて 本当の意味の育児書です
     
    しかも絵で描かれているので 見やすくて お兄ちゃんやお姉ちゃんもかわいがってくれたのが 微笑ましいです!

    お父さんが 高い たかい  お母さんもしますよ(私もしてあげたから)

    表情がいいですね 子どもはこんなふうに成長していくのが 何とも懐かしく 我が子の事を思い出します
    ここには描かれていませんが、 色々大変なことがあって
    病院へ駆けつけたこと 夜泣きしたことは 子どもの誕生日に語っています

    いろんなことが 思い出されます
    それぞれの 人生 大事にして 自分の人生を生き抜いてほしいと思います!

    投稿日:2013/09/12

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

みんなの声(55人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット