宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ピンクがすきってきめないで」 パパの声

ピンクがすきってきめないで 作:ナタリー・オンス
絵:イリヤ・グリーン
訳:とき ありえ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2010年01月
ISBN:9784062830416
評価スコア 4.25
評価ランキング 16,989
みんなの声 総数 11
「ピンクがすきってきめないで」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 考えさせられる絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    2008年のフランスの絵本。
    表紙にインパクトがあったので読んでみました。

    男らしさって何?女らしさって何?という問いかけを、投げかけてくる作品です。
    文章量は少ないのですが、一つ一つが読み手に考えさせられる文章なので、対象年齢が難しく、フランスの文化を窺い知れる作品です。

    どちらかというと、小学生ぐらいを対象に考えた方が良いかも知れません。

    投稿日:2010/04/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 好きな自分でいる方がずっと生きやすい!

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子15歳、女の子13歳

    強烈な絵本です。

    表紙のショッピングピンク、ちょっとトゲがある言い方を表したのではないかと思われるタイトルの文字。そして何よりも表紙の女の子の強い目ヂカラ。

    『ピンクがすきってきめないで』という主人公の女の子の気持ち、よくわかります。彼女には、何がわかるの!と詰め寄られそうですが……。

    この性別による決めつけは、生まれたときから、あるいは生まれるまえから始まっています。女の子の赤ちゃんにはピンクのベビー服といった感じで。それでも、最近は青いランドセルを背負った女の子も見かけるようになり、いいぞいいぞ、と心のなかで喜んでいます。

    私の娘も、小さい頃から、ピンクではなく、青に近い紫が好きでした。それは今でも変わらないと思います。

    だいたい、色に限らず、何かとつけて、女らしいとか、子どもらしいとか、決めつけられるのは、大人だってイヤじゃありませんか。

    そう考えると、実はこの絵本はとても深いことを表した絵本だということがわかります。

    もし、そばに、女らしさや男らしさって何?って悩んでいる子どもがいたら、ぜひ、この絵本を薦めてあげてください。
    あなたはあなたで良いんだよって伝えてあげてください。それだけで彼らの人生は大きく変わると思います。
    だって、好きな自分でいる方がずっと生きやすい!

    この絵本は、子どもたちが自信をもって生きることを手伝ってくれる、そんな一冊です。

    投稿日:2010/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 苦手な絵本でした

    女の子は女らしく、男は男らしく…って、決めつけてはいけないことは判るけれど、この絵本のように主張されるとカチンとくるのが父親だろう。
    肩肘張って主張するより、自分は自分であることを自然に表現すればいいだろう。
    絵もなんとなく硬くてすんなりと入っていけない絵本ではあります。
    あまり意固地にならないで。
    自然のままにいればいい。

    読み聞かせには難しい本だと思いました。

    投稿日:2010/05/02

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / くれよんのくろくん / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / 3びきのかわいいオオカミ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット