新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

話題
に〜っこり

に〜っこり(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数30万部突破の人気シリーズ第1巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ

うっかりもののまほうつかい」 ママの声

うっかりもののまほうつかい 作:エヴゲーニイ・シュワルツ
絵:オリガ・ヤクトーヴィチ
訳:松谷 さやか
出版社:福音館書店
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年01月
ISBN:9784834024845
評価スコア 4.43
評価ランキング 10,291
みんなの声 総数 13
「うっかりもののまほうつかい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 結果オーライ

    このお話は、魔法つかいで機械も作れるおじいさんが男の子の馬を魔法でネコに変えてしまったお話でした。でも、この馬は魔法が解けても猫のような暮らしをしているのです。その姿がうちの子には面白かったみたいで、「変な生きものみたいになってしまったね!」と言っていました。でも、当の馬はとっても幸せそうなのでめでたしめでたしですね。

    投稿日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 馬が猫になったら・・・?

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子0歳

    主人公は魔法使いの科学者、
    イワン・イヴァノビッチさん(名前長い・・・)

    ある日、成り行き上、猫を馬にしてしまうのですが、
    うっかりのせいで、猫が馬に戻らなくなり・・・!
    というところから物語が始まります。

    実際には絶対ありえないことなのだけど、
    もし馬が猫になったらこういうことになるのかー、と
    すごく楽しめた一冊でした。
    最後、猫が馬にもどった後の話も少しあるのですが、
    そこもまた面白くて、
    親子で何回も読みました。

    投稿日:2011/11/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 表紙の犬に惹かれました

    表紙を見た瞬間、犬に惹かれて手に取ってしまいました。
    見た目もなかなかのものですが、働きぶりも甲斐甲斐しくて好印象。
    このロボくん、まほうつかい兼、機械職人が、作ったロボットです。
    この犬を見て興味を持った子どもが、まほうつかいに、何かお願いをしようとするのですが…。

    さすが“うっかりもの”です。
    ちょっと、自分の技をみせるつもりが、大変なことに!!

    面白く、意外性もあって、しっかりした内容のお話でした。
    絵も素敵です。
    いつもと違う一冊、そんな時にセレクトしたいお話です!

    投稿日:2014/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 力は変わらない

    3歳の息子に図書館で借りてきました。

    魔法使い?発明家?
    両方の名前をもつ博士が道端で出会った
    少年の馬をネコに変身させてしまいます。

    そのネコは馬と同じ力があるんだとか!!!

    でもうっかりものの博士はネコを馬にかえる
    道具を持っていませんでした〜。。。

    無事に馬になった馬は今度はネコであったときの
    くせが抜けずねずみを追いかけたりする
    ちょっとおかしな馬になってしまいました。

    投稿日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • いかにもロシアの話

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    4歳の長男に読みました。

    「魔法使い」のような非現実的なものに大変興味を示し始めた頃で、きっとおもしろがるだろうと思って選びました。

    いかにもロシアの話です。魔法使いなら発明しなくても良いと思ってしまいますが、そんな設定にしてしまうところがまたロシア人作家らしいと感じます。ロシアの作品には、そんなふうに突飛で、でも憎めないキャラが多くて好きです。

    息子もクスクス笑って楽しんでいました。

    投稿日:2013/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 発明家?魔法使い?

    イワン・イワーノヴィチは魔法使いということらしいのですが
    あんまりうっかりなので、むしろ機械いじりが好きな発明家の
    ように思えました。
    魔法使いなら、いろんな機械を作らなくて魔法で解決すれば
    いいのでは・・などと思ってしまうのは無粋なのでしょうね(笑)。
    私は特に、コーヒーをいれてくれる機械と、エプロンまでして
    お料理してくれる気がきくロボくんがいいなあと思いました。
    欲しいなあ。でも、ロボくんを私がもらったら、うっかりの
    イワンさんは困ってしまうだろうから遠慮しておきますね。
    ペチカはオンドルみたいな感じなのかしら?(どちらも
    実物を見たことがないので絵や文字からの想像です)。
    あたたかそうでいいな。

    投稿日:2011/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい騒ぎ

     娘が気に入って借りてきた「はちみついろのうま」を読んで以来、すっかりヤクトーヴィチの絵に魅了され、他の作品も読み始めました。

     この絵本にも馬が登場するのですが・・・物語の発想のおもしろさに、娘もけらけら笑いながら楽しんでいました。
    うっかりもののまほうつかい、イワーノヴィッチによって、猫になってしまった馬。そして、馬に戻った後も、「外見は馬で、内面は猫」の、この不思議な馬の巻き起こす奇怪で楽しい騒ぎに、笑いが止まりません。

     未来のお話と、昔話がうまく混ざり合ったような、ユーモアと想像力にあふれた作品。もちろん、絵もとってもすてきですよ!

    投稿日:2010/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • うっかりがもたらした奇跡!?

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子9歳、男の子7歳

    久し振りに面白い絵本だと思いました!

    まるでまほうつかいのような発明品を作る主人公。
    それなのに、うっかりものというか、単純というか、・・・
    ウマをネコに変えたまま、元に戻せなくなってしまったのです。

    ありえな〜い!と思いながらも、なんとも愉快な成り行きに魅せられること間違いなしですよ(笑)。

    投稿日:2010/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • うっかり屋さんらしい

    ペチカの絵は「イワンが寝ているところだ」という息子が言っていました。よくロシアの昔話を読んでいると三番目のイワンが寝ていますね。・
    馬をねこに変えるというところの意外性、かけた魔法がすぐに解けない、一ヶ月後と約束しながらその時期が早まってしまうところなど、さすがにうっかり屋さんらしいエピソードだと思いました。

    ペチカが壊れたところで、私は迷惑な魔法だったと思ったのですが、直してくれたところでほっとしました。

    もしそのままだったら結構な損害ですもんね。

    魔法使いのロボくんは、アイボによく似ているように思いましたが、寝るときに勝手に分解してまた朝になると自分でくっつくというのが不思議でした。

    息子もおもしろそうに聞いていました。

    投稿日:2010/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ロシアの「ペチカ」って、こういう形!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    私はすごく面白い!と、思ったのですが、下の子は「ふつう」だそうです。中学年にはまだ少し難しいのかな?

    ただの天才的科学者なのか、もともと魔法が使えたのか、
    微妙な不思議さを持つ「うっかりものの魔法使い(おじさん)」が、
    一応主人公です。
    一応、というのは、途中からこの魔法使いに魔法をかけられた
    「ねこ(もと馬)」の目線で、ストーリーが進んでいくからです。
    どうして途中で主人公が変わってしまうか?というと、
    作者の本業が劇作家だったからだと、(私は)思います。
    お芝居が好きな人なら、このストーリー展開が、うんうんとうなずけませんか?(芝居にしたら、きっともっと楽しい舞台になると思います)

    最後の方で、魔法使いのおじさんが、修理の終わった道具で猫にしていた馬を、何の連絡もなしにいきなりもとの姿(馬)に戻したシーンの、馬の驚きようといったら!!
    私はめちゃめちゃこのシーンが好きです!

    このお話は、1945年にロシアの幼年雑誌に発表され、
    ロシアの子どもたちにはとても親しまれた作品だそうですが、
    実際「絵本」になったのはつい最近で、やはりロシアの絵本作家、
    オリガ・ヤクトーヴィチという方が絵を描いています。

    この絵本を読んで初めて知ったことが1つ!!
    ロシアの昔ばなしに出てくるあの「ペチカ」って、こういう形をしてたんですね〜。
    昔ばなしによく、「ペチカの上に寝る」とかいう描写が書いてあって、私の貧弱な脳みそでは、どうしても普通のマントルピースしか思い浮かべなくて、あんなところにどうやって、寝るの?って、思ってましたけど、こういう形をしていたんですね〜。
    色々な面で、面白い絵本でした。
    でも、うちの子どもの反応を見ると、あまり小さいお子さんではこの絵本の面白さが分からないかもしれません。
    高学年以上のお子さんにお薦めします。
    読み語りなども、高学年以上がいいと思います。

    投稿日:2010/03/13

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



 【連載】10月の注目の新刊&オススメ絵本紹介

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット