まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ティモシーとサラの絵本 10 ひなぎくひめのおはなし自信を持っておすすめしたい みんなの声

ティモシーとサラの絵本 10 ひなぎくひめのおはなし 作・絵:芭蕉みどり
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2007年02月
ISBN:9784591094969
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,939
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 頑張れ〜!

    「ティモシーとサラとデイジーさん」で描かれている閉館する劇場の最後の演目がこちらの「ひなぎくひめ」なのです。
    主演はサラ。
    舞台に立つって色々なハプニングが起こることも。
    幼稚園時代,我が子もクラスで年長さんにしてはクオリティーの高い劇をみんなでしました。
    そんなことを思い出しながら読みました。

    投稿日:2018/02/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勇気

    人前に出て舞台にたつのは幾ら練習してもあがってしまう者だと思いましたが、失敗しても勇気をだして演じたサラは偉いと思いました。スカートの裾を踏んで、すってんころりんと転んでしまったのに、勇気をだして頑張れて本当によかったと思いました。とても可愛い出演者達に夢中になれました。

    投稿日:2011/07/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 10巻揃った!!

    ふたごののねずみティモシーとサラの絵本。キャラクターのかわいらしさにはまってちょこちょこ買い集めついに10巻そろいました^^


    本作は、まちのげきじょうの最後の舞台に立つことになったティモシーとサラ。
    だしものは、本作のタイトルどおり「ひなぎくひめのおはなし」。
    主役を務めるのはサラ。

    舞台の途中でドレスにつまづいて転んでしまうサラ。頭がまっしろになりますが・・・。

    生き生きと描かれているかわいいねずみちゃんたちがいっぱい登場して、ほんわか優しい絵本になってます。

    投稿日:2010/12/07

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / ぐるんぱのようちえん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 1
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット