虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

チュウチュウ通りのゆかいななかまたち 3番地 フィーフィーのすてきな夏休みなかなかよいと思う みんなの声

チュウチュウ通りのゆかいななかまたち 3番地 フィーフィーのすてきな夏休み 作:エミリー・ロッダ
絵:たしろ ちさと
訳:さくま ゆみこ
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2010年02月
ISBN:9784751525937
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,593
みんなの声 総数 57
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 本当に素敵な夏休み

    子沢山で大忙しのフィーフィー。
    疲れ果てて、休みが必要・・・と感じた時に見つけたのが懸賞、というのが、
    あまりにも普通のお母さんらしくて微笑ましくなってしまいました。

    「2等賞に当選した」辺りから、その後の内容が何となく予想出来てしまったのですが、
    それでもフィーフィーが素敵な夏休みをもらえて、
    ゆっくりとくつろいでいる様子が見られたのは、とても良かったなと思いました。

    投稿日:2018/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢のバカンス!

    私にもあります!懸賞で自分へのごほうびを当てようと企てること!
    うちにも3人の男の子がいますが目の回るような毎日。フィーフィーの毎日はその何倍の忙しさでしょう。うとうとしてしまうんですよね。目を覚まして惨状にガックリ。。。
    だけど、フィーフィーの子どもたちも、うちの子たちも、ママを困らそうと思ってしてることなんてないのですよね。子供はわがままで、自由で、できないことだらけでもへっちゃらで、「こども」!!だからママがいるんですよね。
    「あなたたちは遊んで食べて寝て、やりたいことばかり!ママための時間はどこにあるの!」って言った時、きょとんとして「ママも楽しいと思ってた」ですって。

    私は優秀なママなのね!子どもたちを置いて、バカンスに出かけたいと思っていること、気づかれていないわ。この本を読んでもっとアピールしないと!

    フィーフィーのためにまずいチーズホイホイを食べる子どもたちが健気です。そしてやっと手に入れた二等賞が、1年分のチーズホイホイだなんて!!
    母として、このままでは終わらせられない展開です。どうなる?子どもたちもご近所さんも、このままではいられない!ステキなリゾートを作りあげます。

    実際こんな愛すべきかわいい子どもたちを置いて、バカンスなんて出掛けたらその日の夜には帰りたくなるでしょうね。ドアのむこうに子どもたちがいて、なにも心配しないでのんびり昼寝!チーズホイホイリゾートはなんて最高!

    私もチーズホイホイを食べなくちゃね。

    投稿日:2017/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • チーズ・ホイホイ

    6歳の息子と読みました。
    かわいいイラストとかわいいストーリーの幼年童話。
    6歳にはちょうどいい感じのボリュームで、いっきに読んでしまいました。
    いろんなネーミングが面白かった。
    ただ、「チーズ・ホイホイ」は、
    ゴキ●リ・ホイホイを彷彿とさせるような…。

    フィーフィーを助けようとこどもたちがケーキを作った件は、
    子どもにとっては笑いごとなのでしょうけれど、
    想像した私が疲れてしまいました。。

    最後のチーズ・ホイホイの転用は、しかし、いいアイディアでしたね。
    ゆっくり休めて、フィーフィー、よかったね。

    投稿日:2017/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんへのプレゼント。

    • めらんこりさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子3歳、男の子0歳

    いつも大忙しのネズミのお母さんのフィーフィー。
    子供たちに手を焼いて、お休みが欲しくなります。
    子供たちが協力して、お母さんに夏休みをプレゼントしようとしますが・・・。

    最初に望んだ形の夏休みではなかったけれど、子供たちが工夫してくれて、最高の夏休みをプレゼントしてくれます。
    でも、子供たちがこんなにいろいろしてくれたのは、普段頑張っているお母さんの姿を見ているから。
    私も、こういうお母さんになりたいです。

    投稿日:2017/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な家族とお友達

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    本読みの得意な年長の子が読む長い絵本としてちょうどいい長さでした。
    子どもが13人もいて、いつでも大騒ぎ、てんてこまいのフィーフィーかあさん。こんな状態だったら‥と想像するだけでつらくなる状況だけど、お母さんを何とか休ませてあげようとする家族と、それを何とか協力してあげたいと思ってくれる友人たちに囲まれて、本当に幸せそう。
    最初に夢見ていた豪華な夏休みを、ラッキーじゃなくて、みんなの協力のもと手にいれるなんて素敵すぎます。
    安心するとともに、ほっこりしました。

    投稿日:2017/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な夏やすみ

    14匹の子どもたちを一人で育てているなんて本当にすごい!子どもたちが次から次へと起こすドタバタがおもしろいですが、渦中にいたら 気絶しそうです。こっちをみていたらあっちが大変なことにってあるんですよね。たまにはゆっくり夏休みを過ごしたいというフィーフィーと、ママを休ませてあげたいという子どもたちと周囲の仲間たちの思いやりに心がほっこりしました。

    投稿日:2017/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • チーズ・ホイホイに大爆笑!

    小2の息子と読みました。
    「チューチュー通り」のシリーズを読むのは初めてです。
    息子は、文字が多い本は苦手ですが、
    この本は5章に分かれているので、少しずつ読み進められるのがよいですね。
    とはいえ、結末が気になってしまい、結局一気に読みましたけども。

    フィーフィーの忙しそうな様子はさすがに気の毒になるほどですが、
    チーズ・ホイホイの不味そうな描写には親子で大笑い。
    ここまでボロクソに言われるチーズってどんなんだろう。
    さすがちょっと買って食べてみたくなります。

    さらに息子は、懸賞で2等になるシーンでがっかり。
    そして、2等の景品で大爆笑。
    見事な落ちです。

    そもそも「チーズ・ホイホイ」って名称がすでに安っぽい。
    まずいんだろうなって雰囲気出てます。
    「ポリポリマート」って名称もいちいち気になるおもしろさ。
    私的にはかなりツボでした。

    でも、私が一番好きなシーンは、
    懸賞に応募する際にフィーフィーが書く50字の文章。
    「わたしの家族は、チーズ・ホイホイをはじめて食べたときのことを、一生忘れないでしょう」
    うまいっ!
    ウソをつくことなく、家族全員の気持ちをここまで的確に表すとは。
    私はとにかくこの文章に感動しました。
    もちろん子どもたちのやさしさにも感動したんですけども。

    投稿日:2017/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最高な夏休み

    こんなに子供がいたらすごく大変だろうなって本当に思います。本当、話に出てくる通り、朝から晩までずっと家事で追われそうで私には耐えられそうにありません。

    そっかチーズ・ホイホイはそんなにまずいのか! お母さんの苦肉の策の感想文が審査員の心を捉えてしまうなんて、もう、あらあらあらとしか言いようがありませんよね。

    すごい展開でとても面白かったです。フィーフィーは大変だけれども、本当、良い子供達とご近所さんに恵まれて幸せですね。でも、もっと幸せ者は、旦那さんかもしれませんね。

    投稿日:2015/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 14匹の育児を一人で頑張るお母さんねずみ。あまりに大変な忙しい日々でくったくた。

    でも、そこにチーズホイホイの商品が届くのですが、どうしようもない大変な商品でした。

    しかし、そこはアイデアひとつで、、、すごく素敵な夏のバカンスを楽しむことができるようになったのでした。

    素敵な夏休み感で、親子で楽しく読めました。

    投稿日:2015/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • おやすみなさい

    • キャッティーさん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子10歳、男の子7歳、女の子5歳

    お母さんのために!と頑張っても、
    小さな子供のやることは裏目裏目にでてしまうものですよね。

    我が家の子たちも、
    フィーフィーの子供たちのように手伝ってくれたりなんかしますが、
    私が忙しい時に限ってひっくり返したりこぼしたり。
    懸賞葉書を子供と一緒に出しに行き、
    それらしき賞品が届いた時は祈るようにして一緒に開ける・・・のも、
    同じだなと思いました。
    ただ、私はお皿に顔を突っ込んで寝てしまうほど疲れ切ってはいませんが。

    フィ−フィーお母さんへのプレゼントは、あれ・・・しかありませんよね?

    スーパーの名前や商品名も面白く、町のみんなも温かくて良いですね。
    最後の、あの使い道は思いつきませんでした。
    (黄色がまぶしかったです)

    「お母さんの夏休みが、その中に入っている」の言葉と、
    ラストのフィーフィーの幸せそうな表情が印象的でした。

    ゆっくりお休みなさい、フィーフィー。

    投稿日:2015/01/09

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / こんとあき / からすのパンやさん / 三びきのやぎのがらがらどん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(57人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット