虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

センシュちゃんとウオットちゃんのはらぺこキャンプ」 みんなの声

センシュちゃんとウオットちゃんのはらぺこキャンプ 作:工藤 ノリコ
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年02月
ISBN:9784097264071
評価スコア 4.59
評価ランキング 4,461
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • すごくはやいてんぽ

    すごくはやいてんぽでお話しがすすんでいくので
    びっくりとしています。

    えほんって言うよりもマンガかなと感じました。
    対象はもうすこし上の子ではないでしょうか?

    でもこどもは理解ができるのか かなり大きな声で
    笑ってくれましたが……

    絵本の読み方がおもしろかったのかな?

    投稿日:2019/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • おはなしが、たっぷり!

    短いおはなしが、たっぷり入っていて、とても読みごたえがありました。
    おっちょこちょいのセンシュちゃんが、愛らしい!
    センシュちゃん、最近のシリーズは持っておりますが、これは、だいぶ初期の絵でしょうか。
    どちらも個性があってかわいいです。

    投稿日:2019/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑ってしまう

    久しぶりにセンシュちゃんのシリーズを読んでみましたが、すごい食いしん坊ぶりに、またまた笑ってしまいました。まわりのみんなは本当大変そうですが、やっぱり、憎めない。ここまでつきぬければ、おもしろいなあ、と。一つのお話は短めなので、小さな子どもさんも楽しめそうです。

    投稿日:2019/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • たのしみいっぱい

    やることはめちゃくちゃだけど、にくめないセンシュちゃんのシリーズ。とにかくモグモグモグモグとよく食べる。みんなの分まで食べちゃって、でも反省してちゃんと魚を捕りに行くところがいいよね。
    季節のおはなしが複数話はいっているのでたのしみいっぱいの一冊です。

    投稿日:2017/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢いっぱいのおいしいお話

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    おいしそうな食べ物が出てくる季節感あふれるお話がいろいろ楽しめました。
    イチゴ模様の寝袋に入ったセンシュちゃんが、毒のある魚だとクマに勘違いされたおかげでおさかなを大量にゲットできたなんて、笑えました。
    七夕の願い事を書いたみんなの短冊を、すべて食べ物にまつわるお願いに書き換えてしまうセンシュちゃんの食い意地の強さにはびっくりです。
    どのお話も、こんなだったらいいのにな〜と思える夢がいっぱいのお話で、読んでる私もいい気分になれました。これが現実だったらほんとに幸せですね。

    投稿日:2017/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • マンガ絵本笑っちゃいます♪

    も〜っ、おかしくって、笑った笑った!

    どんだけ食べるの大好きなんでしょう
    で、必ず事件が起こる
    うわ〜っ、どうするの!?

    と、心配後無用
    センシュウちゃんって
    すごいんです

    食べる時は、きちんと正座している姿が
    みんなめんこい(かわいいの意)
    七夕もおもしろいし
    1番笑ったのは
    雪だるまの雪が食べられているシーン
    も〜っ、やることがダイナミック!!

    たこあげ大会も
    も〜っ、おかしい〜
    なるほど、賞品の餅がポイント!ですよね
    とか

    絵本というより
    確かに、マンガです(笑

    投稿日:2016/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本でもあり漫画でもあり

    すごい強烈なインパクトのある表紙!
    お世辞にも可愛いといえないまるぼうずで一本しか毛が生えていないような細い目の男の子センシュちゃんが主人公。

    でもこの強烈なインパクトから・・めくらずにはいられません。

    ピヨピヨちゃんシリーズの作者の工藤さんらしい奇想天外、笑わずにはいられない楽しい絵本です。

    しかも開いてみてびっくり。
    絵本というよりもむしろ漫画です。
    こういう絵本はあまり今までお目にかかったことがないかも。

    センシュちゃんはおとぼけなキャラなので漫画がぴったりです。

    短いお話5話が入っていて、どれも起承転結がはっきりしていてとても面白いです。

    キャンプのお話がタイトルにもなっていますが、フグと間違えられるくだりが笑えました。

    センシュちゃんとウォットちゃんという名前の由来・・知りたいです。

    投稿日:2016/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑ってしまいます

    6歳次女が図書館で選んだ1冊です。表紙を見て選んだので、中を見てびっくり。漫画なんです。5つのお話が入っています。次女が1番お気に入りだったのは、「はらぺこキャンプ」のお話です。(七夕のお話や冬のお話も入っているんですが。)笑えますよー。

    投稿日:2016/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトルがビンゴだったので借りました。
    漫画っぽいところがおもしろいみたいで
    繰り返し読んで!といわれます。
    次女は、ちょっとわがままなところがある
    センシュちゃんと似ているなって親としては
    思うのですが、本人はそんなキャラに
    いらいらするみたいで、
    だめだよねっ!と怒っています。
    全編通してキャンプのお話というわけではなかったですが
    楽しみました。

    投稿日:2015/08/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 漫画か

    全頁試し読みで読みました。工藤ノリコさんが、漫画かでもあるから、漫画みたいに面白いのがわかりました。1冊のなかに、しおひがり、キャンプ、たなばたさま、ゆきだるま、たこあげと5つのお話があってどれも面白くて楽しめました。センシュちゃんや、ウオットちゃんの水着が凄く似合っていて笑えました(笑)

    投稿日:2015/06/02

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / キャベツくん / くだもの / よるくま / もったいないばあさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット