新刊
おともだちに なってくれる?

おともだちに なってくれる?(評論社)

ミリオンセラー『どんなにきみがすきだかあててごらん』のかわいい続編♪

  • かわいい
  • ギフト
  • ためしよみ
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ

がたたん たん」 パパの声

がたたん たん 作:やすい すえこ
絵:福田 岩緒
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1988年
ISBN:9784893254641
評価スコア 4.52
評価ランキング 6,539
みんなの声 総数 24
「がたたん たん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 知り合うって素晴らしい

    電車の中の見知らぬどうしがちょっとしたきっかけで親しくなるって素晴らしいと思います。
    知り合ったところで、今まで無色だった存在に色がついていきます。
    お互いに関心を持つこと、困った人に手を差し出すこと、然り気無いことだけれど、実際にはとても難しい現実があります。
    この絵本はとても大切なことを伝えていますね。

    投稿日:2016/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幸せな人たち

     吉野弘の「夕焼け」という詩が好きだ。
     満員電車の中の風景。お年寄りに席を譲る娘。礼も言わず平然と座る「としより」。駅で「としより」が降りて、娘はまた席に座った。と、別の「としより」が来たので、彼女はまた席を譲った。今度は礼を言われた。そして、その「としより」も別の駅で降りて、娘はまた座った。今度も「としより」が来たが、娘は席を替わらなかった。
     「やさしい心の持ち主は/他人のつらさを自分のつらさのように/感じるから。」
     そんな少女を見つめている、吉野弘という詩人の心に惹かれる。

     電車にはさまざまな人が乗ってくるから、いろいろな心情がうかがえる。
     この絵本の乗客たちも、そうだ。
     ひとつの長いシートに座っているのは、新聞を読んでいる会社員。膝に猫を入れたバスケットを抱えている女の子。おばあさんは席に正座で眠っている。男の子は本を読んでいる。隣には柔道着を持った体の大きな青年がアンパンを食べている。そして、一番端っこには赤ちゃんを抱いたお母さん。
     一人だけ立っている青年は絵を描いているのだろうか、スケッチブックを持っている。
     これが全部の登場人物。

     「がたたん たん」と電車が揺れると、女の子のバスケットから猫が飛び出した。
     男の子が席を立って、猫を抱きかかえてあげる。
     「キキキキキーッ」と、今度は電車が急停車。おばあさんの膝から毛糸の玉が転がって。おや、みんなでそれを拾ってあげる。
     と、今度は電車の中に小鳥が飛び込んできたぞ。さあ、どうなるのか。

     小さなことでまったく知らない人が少しずつ笑顔をかわすようになっていく。
     そのたびに絵本の中の人たちに彩色されていくという憎い工夫がなされて、やがて電車は駅に着いて、みんな降りていく。
     なんだか楽しそうだ。
     ふたたび、吉野弘の「夕焼け」に戻ると、最後にはこう書かれている。
     「やさしい心に責められながら/娘はどこまでゆけるのだろう。/下唇を噛んで/つらい気持ちで/美しい夕焼けも見ないで。」
     この絵本の人たちは、美しい夕焼けを見る人たちだ。

    投稿日:2016/04/03

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



今月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット