新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
季節
ゆき ふふふ

ゆき ふふふ(くもん出版)

真っ白な美しい世界を体で感じ、おもいっきり雪あそびをしたくなる絵本です。

  • かわいい
  • 全ページ
  • ためしよみ

黒ねこサンゴロウ旅のつづき5 最後の手紙」 みんなの声

黒ねこサンゴロウ旅のつづき5 最後の手紙 作:竹下 文子
絵:鈴木 まもる
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:1996年04月
ISBN:9784035283003
評価スコア 4.5
評価ランキング 8,346
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 最後までかっこいい

    友人ナギヒコへの手紙や、カジキ船長に対する律儀な姿など、サンゴロウの魅力がさらに伝わってきました。そして、ずっと気になっていたサンゴロウの過去について明らかになっていきます。5歳のわが子には少々難しくイメージしにくい箇所もあったようですが、もう一度読んでほしいとせがまれる程のかっこいい作品でした。

    投稿日:2020/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • サンゴロウの旅は続いていく

    • こっここさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子8歳、男の子5歳

    サンゴロウの最終巻。サンゴロウの過去はわかるのか、ドキドキしながら読みました。これまでの物語が海の波のようによせてやがて凪いでいく、そんなラストでした。
    本巻は観念的なところもあって、子どもにはわからないところもあったかもしれません。いろいろと解釈できそうな部分もあり、想像力をかきたてられるラストだったと思います。
    図書館で借りた本でしたが、手元において読み返したいと調べたところ、なんと入手できない本だとか。よく児童向けのお勧めの本に紹介されているシリーズなので、再版を期待したいです。

    投稿日:2019/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • サンゴロウを知るには欠かせない巻

    息子の好きなサンゴロウシリーズですが、読むたびにだんだんと難しくなるような。

    理解して聞いているかどうか?はちょっとわかりませんが、サンゴロウの世界を息子なりに楽しんでいるようです。

    サンゴロウの秘めた過去がわかる?ということで最後まで目が離せませんでした。後半はやはり難しかったかな。

    サンゴロウの一匹狼的な生き方と、サンゴロウの友人・ナギヒコとの人生観の違いが興味深かったです。

    サンゴロウの人となりを知るには欠かせない巻だと思いました。

    投稿日:2010/02/12

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / エルマーのぼうけん / 神の道化師 イタリアの民話より / オバケやかたのひみつ / ルドルフとイッパイアッテナ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



松嶋菜々子さんの朗読で楽しむJ.K.ローリング書き下ろし童話『イッカボッグ』

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット