新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ

まんまるがかり」 その他の方の声

まんまるがかり 作・絵:おくはら ゆめ
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2010年02月
ISBN:9784652040904
評価スコア 4.55
評価ランキング 6,315
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ほんわか

    表紙の可愛らしさにひかれて読んでみました。絵もお話も、とってもほのぼの。特にお気に入りは、やはり、まんまるのハナマル! ダンゴムシにおやぶん扱いされるところは、笑ってしまいました。 きれいな色で描かれた絵は、自然がいっぱいの背景も楽しめ、ほんわか癒やされるので、大人にもいいなあ、と思いました。

    投稿日:2019/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 先日 サークルの仲間の人がこの絵本を読んでくれました
    ほのぼのして優しい気持ちになれたのです  30代の彼女の優しい声もよかったです
     
    そして おくはらゆめさんの 優しさが感じられるステキな絵本との出会い    うれしくなりました!

    4才のハナマルというオスねこが、主人公

    この家のおじいちゃんが 優しいのです(こんなおじいちゃん いいな〜)
    はなまるは まんまるくなって かわいい!
    アヤちゃんは はなまるにあこがれ まねっこ まんまるに(かわいい)

    おじいちゃんが 「まんまるがかりじゃよ〜」って 二人をなでてくれて

    はなまるは だんごむしを「まるいまるい」となでてあげる 
    なんて 優しい  
    おじいちゃんの優しさが はなまるを優しくしてくれたように思えました

    いいな〜 愛情いっぱいのおはなしにほのぼのしました
     
    まんまるの幸せ いっぱいもらえました 

    投稿日:2015/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • おじいちゃんがやさしい!

    表紙の迫力のある「ハナマル」くんに、ネコ好きのわたしとしては素通りできませんでした。

    見事にまんまるになっているハナマルを、おじいちゃんは「まるい、まるい」とほめてくれます。そして、「ハナマルはまんまるがかりじゃ」と言ってくれるのです。

    庭でまるくなっていると、ダンゴムシたちが「おやぶん」と言ってきて、てれまくりのハナマル。
    「ぼくは、まんまるがかりです」とてれながらも、ちょっと得意気。

    おじいちゃんにほめてもらって、ほんとにうれしかったんだね。

    そのあと、一緒にまるくなったダンゴムシたちを「まるい、まるい」とほめてあげます。

    おじいちゃんのやさしさが、お話全体を包み込んでいるようです。
    心があったかくなる絵本です。

    投稿日:2010/07/06

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



えほん新定番 from 好書好日

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット