オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
クッチーナママさん 40代・ママ

映画デビュー
インパクトのある表紙の絵に惹かれて手に…

王さまのアイスクリーム」 その他の方の声

王さまのアイスクリーム 作:フランセス・ステリット
絵:土方 重巳
訳:光吉 夏弥
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年02月
ISBN:9784477020785
評価スコア 4.41
評価ランキング 10,733
みんなの声 総数 16
「王さまのアイスクリーム」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 国語のプリントでべんきょうしました。

    王さまのアイスクリームが毎日ちがうからいいなあって思いました。

    ぼくも毎日ちがうアイスクリームをたべてみたいです。

    ぼくもアイスクリームをつくってたべてみたくなりました。

    じぶんでつくってすぐにたべたらおいしそうだと思います。

    お話に出てくる王さまはわがままな人がおおいなあって思いました。

    投稿日:2009/11/09

    参考になりました
    感謝
    3
  • 美しい日本語

    自分がこどもの頃に繰り返し読んだ本を復刻版で手に入れました。小学生になった友人の息子さんに貸したら、気に入って何度も読んでくれたそうです。

    「王さまは、クリームを、三じのおやつにめしあがることになっていました。」
    めしあがる、ですよ。今あんまり聞かない言葉ですね。
    そしてわたしが忘れられなかったページはむすめたちが「かんがえごとそするときのしあんぼうをかぶって、こっくりこっくりかんがえました。」というところ。この差し絵とフレーズがずっと頭に残っていました。

    おはなしの楽しさはもちろん、日本語の美しさにも触れてもらいたいです。

    投稿日:2015/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔 アイスクリームがなかった頃のお話し
    王様はなかなか口うるさく  かんしゃくをおこして 「くびをちょんぎってしまうぞ!」  こんな恐ろしいこと言われたらたまったもんじゃありませんね
    コックちょうには 七人の娘がいました

    一番上の娘は利口な娘です   お父さんのコックちょうが困っているとき
    こんなことがおこりました
    男の子は 山の上の 洞穴の中の氷を町に売りに来たのです
    ストロベリーはいいことを思いつき 「この氷でクリームを冷やして 王様に食べてもらうのです」

    それからは 毎日違う味の シロップをかけた アイスクリームをつくる事に成功したのです
    氷のおかげで クリームがアイスクリームになり 王様はますますご機嫌
    褒美をくれることも忘れていませんでした

    昔の王様のデザートが 今のアイスクリームの発祥とは
    山の上の男の子と娘達の知恵のたまものですね

    今では だれでも 美味しいアイスクリームが食べれますが、昔は庶民の食べ物ではなかったんですね
    光吉夏弥さんの訳の作品です

    投稿日:2016/07/15

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット