ぼんやきゅう ぼんやきゅう
文: 指田 和 絵: 長谷川 義史  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
亡くなったひとたちと、いまを生きているものとの交信、それが、盆野球。

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(20) きりの村」 ママの声

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(20) きりの村 作:今江 祥智
絵:宇野 亜喜良
出版社:フェリシモ出版
本体価格:\1,286+税
発行日:2010年01月
ISBN:9784894325098
評価スコア 3.89
評価ランキング 37,755
みんなの声 総数 8
「おはなしのたからばこワイド愛蔵版(20) きりの村」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 歌声という素質の対価として特別な毬が与えられて村が豊作になるという宝くじのような偶発的な報酬は、果たしてハッピーな結末なのでしょうか。豊作の喜びは、一年間の共同体の努力に感謝できてこそ実感できるものだと思っていました。作者が少女に期待するのは素質であって、きっと素質を育てる努力ではないのでしょう。作者が有名であるとはいえ、時代が違うのです。私には美しい絵こそが、この絵本の魅力そのもので、文章は絵にそえられた飾りにすぎないように思えました。

    投稿日:2017/01/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと怖かった

    個人的に宇野さんの絵が苦手なせいか、
    絵がちょっと怖くてお話に集中できませんでした。
    絵に力がありすぎるのでしょうか・・
    何度読んでも、しっくりきません。

    投稿日:2011/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 宇野さん

    宇野さんの作品だったのでこの絵本を選びました。とても魅力的な主人公にうっとりしました。さすが宇野さんだなと思いました。主人公の目の描き方が特に素晴らしいと感じました。実際に主人公の美しい声が聞こえてきそうな臨場感たっぷりな雰囲気を感じられて良かったです。親思いの心に感動しました。

    投稿日:2010/10/11

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.89)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット