てのひら」 その他の方の声

てのひら 作:瀧村 有子
絵:藤田 ひおこ
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年02月26日
ISBN:9784569780375
評価スコア 4.74
評価ランキング 1,044
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちょっと引っ込み思案で 自分が出せない子どもです ゆみちゃん
    幼稚園に行くときも あいさつもできません
    お母さんは 心配ですね どうしたら 元気になるかいろいろ考えて、おかあさんは ゆみちゃんの 手のひらに ニコちゃんマークを書いてあげました 
    そしたら 小さな声で おはようが 言えたのですが まだ みんなと外で遊べません
    こんなゆみちゃんに お母さんは ゆっくり対応しています

    こんどは 手のひらに ないてもいいよのマークを書いてあげたのです

    お母さんの対応は本当にすごいなあ〜   我が子をしっかり受け止めて、ゆっくり待ってあげるんですね   感動します!

    ゆみちゃんも少しずつ 自信をつけて成長していくことでしょう

    投稿日:2016/10/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勇気の出し方を教えてもらいました。

    • 蒼葉さん
    • 10代以下
    • その他の方
    • 群馬県

    何事にも挑戦することには勇気が必要です。例え「おはよう」の挨拶でさえも大きな勇気が必要な時はあります。
    人と話すことが苦手な私は、幼稚園生のゆみちゃんを見ていて「勇気を出すことって大変だよね…」と思わず共感してしまうところも多々ありました。

    そしてゆみちゃんのお母さんの愛情を感じる場面も多く、読んでいるうちに笑顔になっていき、こういう素敵なお母さんになれたらな…なんて思ったりもしてしまいます。子供のことを一生懸命想い、悩んでいるお母さんの姿は本当に綺麗で素敵だと感じました。

    また「つらいときににっこりするのはたいへん」というセリフがあり、思わず頷きかけてしまいました。よく分かります。つらいときってムリヤリ笑うと顔が引きつって何だか苦しいものです。だから、「ないてもいい」のだと。泣いてもいいから、勇気を出して。そういったメッセージが聞こえてくるような気がしました。

    心がホッと温かくなる本でした。子供だけでなく、大人の方にもお勧めしたい一冊です。

    投稿日:2010/07/19

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ZOOM
    ZOOMの試し読みができます!
    ZOOM
    作・絵:イシュトバン・バンニャイ 出版社:復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!
    おかげさまで11刷!!


2月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット