新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ

ちびっこ大せんしゅ」 ママの声

ちびっこ大せんしゅ 作・絵:シド・ホフ
訳:光吉 夏弥
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年03月
ISBN:9784477020815
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,227
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵本と物語の間

    ゆかいなゆかいなおはなしシリーズは、字も大きく、絵も多いので、絵本と物語の間という感じで、一人読みし始めの小さい子にとてもオススメです。
    ハロルドはリトルリーグで一番小さな野球選手。
    一生懸命練習しても、攻撃も守備もうまくできないので、いつもベンチ組。
    シーズン最後の試合の最終回のチャンスに、ハロルドはバッターボックスに立つことになります。
    野球を始めたばかりの子や、普段あまり本を読まない子にも読みやすい内容だと思います。

    投稿日:2020/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読む前に野球の基礎知識がある方がいい。

    内容はとても良かったです。ハロルドの一生懸命な姿、励ましてくれるコーチ、最後には応援して認めてくれる友人たち。
    私も子供も野球の知識が乏しいので、野球用語はよく分からなくて「?」と思ったりもしましたが、本当に基礎的な知識があれば問題なさそう。読む前にお子さんに教えてあげると物語がすんなり入ってくるんじゃないかと思います。

    投稿日:2015/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • がんばれ!ちびっこ!

    字は大きいです。絵本から童話が読めるようになったくらいのお子さんに。
    そして、野球が大好きなお子さんに。
    大好きだけど、いまいちその成果が出ないというお子さんに。
    リトルリーグの中で一番背の小さいハロルドは、守っても打っても、みんなのようになかなかうまくいきません。
    小さいことで、みんなにもバカにされ、自信もちょっぴり失って...。
    だけで、この小ささをいかして最後には大活躍。
    スポーツが好きな子は、やっぱり体は大きいほうがいいし、足は速いほうがいいし...
    でも、そんなものすべてに恵まれているという人はほとんどいないのだから。
    スーパースターの輝かしい少年時代の話もいいけれど、こういった、ただの普通の子のハロルドの話だからこそ、自分と重ね合わせて見えるってあるんじゃないかな。
    小さいことだってけして悪いことじゃないじゃん!って思える、等身大のお話がいいです。

    投稿日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • がんばってる子に読んでほしい

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    小学生の息子が自分で借りてきました。
    リトルリーグで一番チビのが、試合でヒットを打つまでのストーリーです。
    野球のルールを知っていると、より緊迫感を持って楽しめると思います。

    対格差とか、運動神経の差とか、運動をやり始めると子供だって色々と思うところがあるでしょう。
    努力しても補えないこともあるけれど、努力してる子には必ずチャンスが来るはず。
    そのチャンスを生かすことが大事なのだと、改めて教えられたような気がします。

    野球に限らず何かにがんばってる子にお勧めの一冊です。

    投稿日:2010/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんどもなんども読みました

    野球が大好きな5歳の息子は、今年の夏メガネをかける事になりました。
    そんな時に息子が見つけた一冊です。
    背も小さくメガネをかけている野球好きの男の子と自分を重ね合わせたんだと思います.
    きっとこの本をなんどもなんども読んでいたので、この本を読んで勇気をもらっていたんだと
    思います。とてもいい時期に出会えた一冊でした。

    投稿日:2010/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつかはきっとを夢見る野球少年に

    息子は最近グローブを買ってもらって、アニメは「メジャー」を見てと野球が大好きです。

    そんな息子に、ぴったりの本でした。

    今は小さくて試合にでられなくても、いつかはきっとと野球少年なら誰しも同じ願いを持ちながら練習にはげみそうですね。

    コーチのロンバルトさんもハロルドの気持ちをくみとってはげましてくれるという優しい人であるのも好印象でした。

    シド・ホフという作家の作品には「ナガナガくん」というのもあるというのを教えてもらったところなので、こちらも読んでみたいと思いました。

    野球大好き、始めたばかりで頑張っているお子さんには勧めてあげたい本です。

    もちろん、幼年童話として、字も大きく、絵もふんだんにあり、読み応えもあり、さらに光吉夏弥さん訳ということで、読んでいただきたいなあと思います。

    投稿日:2009/06/08

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット