キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

しずかにね」 ママの声

しずかにね 作・絵:マリー・マーフィー
訳:うみの あさ
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年03月
ISBN:9784894232525
評価スコア 4
評価ランキング 20,327
みんなの声 総数 6
「しずかにね」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • しーっと教えました

    2歳2ヶ月の息子に読んでやりました。最近、どんどん音をだすような行動が目立ち始め、しーっとやってもなかなか通じません。でも、この本を読んでやったら、しーっという意味が少し理解できたようです。なぜ、本を通すと伝わるのかはわかりませんが、客観的な目で見られるからなのでしょうか。

    赤ちゃんが寝ているから静かにね・・・というペンギンのママの要望はうちの息子にも通じました。助かります!

    掲載日:2009/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい!けど・・

    メイシーちゃんのように、絵の色彩がはっきりしているので、0歳からでも大丈夫です。
    文章も少ないし、分かりやすいです。

    ただ、おうちの中では静かにねのテーマの中で、靴下をはけばうるさくないと気が付いて、靴下で縄跳びを始める・・・
    ママもそれを見て「おりこうさんね」と声をかけているけれど、靴下をはいても家の中で縄跳びはアウトでしょう。
    ということで、すごくかわいくて絵は好きなのですが、星5つはあげられませんでした。

    掲載日:2006/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日常のテーマがよいですね

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、男の子3歳

    ペンギンの子供が、家の中で遊んでいます。
    お鍋の太鼓でドンドンしたり、ベッドの上でトランポリンしたり、その度に、お母さんに「しずかにね」と注意されます。
    でも、外では誰にも何も言われず、楽しく遊ぶことができました。
    「お家の中では、しずかにね」
    というのが、この本のテーマです。
    この「しずかに」は、日常的に我が家でも出る言葉。私が口にしても、効果が薄れつつある今日この頃、ペンギンのお母さんの口から言ってもらえると、家の子供達もよい子で言うことを聞いてくれるかも知れません。
    絵が、とてもかわいくて、わかりやすい絵本です。

    掲載日:2003/04/23

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / どんどこ ももんちゃん / いないいないばあ / もこ もこもこ / きょうはなんのひ? / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はなびのひ』たしろちさとさんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット