つくろう! とびだす きょうりゅうはくぶつかん つくろう! とびだす きょうりゅうはくぶつかん
作: ジェニー・ジャコビー 絵: マイク・ラブ & ビアトリス・ブルー 訳: 田中薫子 監修: 平山廉  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
トリケラトプス、ティラノサウルスなど、5つのポップアップを自分で作る、ずかん絵本!

王さまライオンのケーキ はんぶんのはんぶん ばいのばいの おはなしなかなかよいと思う みんなの声

王さまライオンのケーキ はんぶんのはんぶん ばいのばいの おはなし 作・絵:マシュー・マケリゴット
訳:野口絵美
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2010年04月
ISBN:9784198629465
評価スコア 4.78
評価ランキング 480
みんなの声 総数 31
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 真剣な顔!

    • たれれんさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子10歳、女の子8歳

    小学校で高学年(4〜6年生)対象に読みました。
    「よーく聞いてないと最後にクイズがあるよ!」「途中で質問するよ!」と前振りし、読んでる途中で「2の2倍は?」「4の2倍は?」と質問!
    最後の数は分からないだろうなぁと思っていたら、真剣な顔で答えてくれました!失礼しました さすが高学年♪
    予め符線で数字を隠しておきました(^^ゞ

    そして最後の質問!
    「アリが当たったケーキは何分のなにでしょう?」

    これは当たらないだろう!と思っていたら6年生が数人正解♪

    子ども達の記憶力と真剣さにビックリした絵本でした

    楽しく出来たら勉強も良いね!

    投稿日:2011/05/17

    参考になりました
    感謝
    2
  • 分数・倍数

    これは、ある程度の算数の勉強をした後のほうが、より楽しめそうですね。
    入学前の子には、少し難しかったかな。

    でも、ケーキがどんどん小さくなっていく様子には、ハラハラしながら見ていました。

    こういった数のお話は、珍しいですね。

    絵も、独特でおもしろかったです。

    投稿日:2011/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • かずのおはなし

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子10歳、男の子8歳

    王様ライオンが動物達をパーティに招待します。

    動物達はみんな見栄っ張りの欲張りで、少しでも多く食べ物を取ろうとします。

    みんな、半分ずつとって渡すのですが、9回も半分にすれば最後のアリの分は256分の1。

    なかなかすごい数ですね。

    11歳の長男は
    「ちっちぇ〜!!」
    と言っていましたが、8歳の二男はまだよくわからなそうでした・・

    投稿日:2011/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 王さまの考え

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    読み終わって色々な思いがわいてくるおはなしです。
    倍数の勉強だけというわけではなさそうです。

    王さまのおだやかな表情を見ていると、招待した動物のなにかを試しているのかなと思います。
    アリの作ったケーキを切る王さまの絵が好きです。
    アリの気持ちを大事にする優しさに満ちていると思います。

    他のページの絵もじっくりと見ていると、それぞれの動物の表情が面白いですね。
    最初のケーキとアリのケーキ以外の食べ物が美味しそうにないんですよね。
    これも何か考えがありそうです。

    投稿日:2010/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ついでに算数のお勉強

    サブタイトルがはんぶんのはんぶん ばいのばいのおはなし。
    ある日ライオンの王様はゾウやカバ、ゴリラ、カメ、イボイノシシ、インコ、カエルそしてアリをごちそうに招待します。最後に大きな四角いケーキがでてきて、大きいゾウから半分づつケーキを切り分けて、最後のアリまできたときはなんと、かけらになっていました。
    子ども達はアリの気持になってくやしい、やりきれない顔で絵本を見ています。寛大な王様は別にして、みんなとてもいじわるな顔をしているので、そのくやしい気持はケーキが小さくなっていくにつれどんどん大きくなっていくようです。でも、後半アリが王様においしいケーキを焼いてきますと言ったことから、お話は倍の倍のお話に急反転。
    子ども達は、最後は正直なアリが一番かっこよかったと感じてくれたと思います。それから、ちょっぴり算数のお勉強にもなったかな?子どもから大人まで楽しめる本です。

    投稿日:2010/07/02

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / どろぼうがっこう / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / はじめてのおつかい / バムとケロのさむいあさ / しゅくだい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『新レインボー小学国語辞典 改訂第6版』監修者・金田一秀穂さんインタビュー

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット