これなんなん? これなんなん? これなんなん?の試し読みができます!
作: くりはらたかし  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
タヌキの島に流れ着く、さまざまな人間の道具。何に使うもの? タヌキたちは物知りな長老に質問しますが、長老の答えは…?

じごくのラーメンやなかなかよいと思う ママの声

じごくのラーメンや 作:苅田 澄子
絵:西村 繁男
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2010年04月
ISBN:9784774611556
評価スコア 4.56
評価ランキング 5,026
みんなの声 総数 49
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う ママの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 仏さまは関西弁!

    小学2年生の読み聞かせで利用しました。
    読む前に、「地獄ってどんなところ??」と聞いてみたら、でるはでるは・・・おどろおどろしいイメージ!!
    絵本の中の<血の池>や<針山>の絵に、一瞬ひるむものの・・・血の池に入っている人々の「おやつがたべたーい」というセリフで恐ろしい地獄観がなくなっていきます(笑)
    話はすすんでいき、ラーメン屋をオープンさせた閻魔様のところへ、噂のラーメンを食べたくて、天国から仏さまご一行がやってきます。
    なんと仏さま、関西弁をしゃべります(笑)

    と・・・まあ、子供たちに最初にイメージさせた地獄と絵本の地獄の世界観が違いすぎて!その違いがおもしろかったようです。
    悪いことしたら地獄にいくよ!閻魔様に舌をぬかれるよ!!とか、そういうのを教える絵本ではないですよ。読んでいてホッとする地獄の本です!

    投稿日:2016/05/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • いいのかな?

    地獄のえんまさまは、人間が地獄をいやがって天国にいきたがるので、負けず嫌いで辛い地獄ラーメンを作りますが誰にも辛くて食べてもらえません。

    全部食べたら天国にいかせてやると約束したのですが、やはりみんな食べられません。

    今度は評判をきいて天国からも客がきます。天国からの客は天国にいっても得がないので、なんでも言うことをえんまが聞くと約束します。

    すると、、、、お地蔵さまは完食。

    願いで「地蔵のためにラーメンの出前」。

    でも、あまりにたくさんのラーメンの出前を頼まれて忙しいので、血の池温泉は温泉になり、針山もさびてしまいます。地獄もいいところ、、、。

    楽しいし可愛い話ですが、悪人はこれでいいのかなと思います。悪人は苦しんだほうが犯罪抑止力になりそうですが???

    投稿日:2015/10/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 独特の世界観。

    地獄と天国,そしてそれを繋ぐのは地獄のラーメンや。
    独特の世界観を感じる絵本でした。
    新鮮で斬新な印象を受けました。
    しかし地獄のラーメンやさんのラーメン,からそうでしね。
    怖いもの見たさで食べてみたい(笑)。

    投稿日:2015/02/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • えんまさまが作った地獄の辛い辛いラーメン、食べたら後悔するとわかっていても、あの行列を見たら足を運びたくなりそうです。天国まで届いたラーメンの香り、本当にしてきそうでした^^仏様の位としては一番人間側に近い地蔵様が、天国と地獄をつないでくれたというところも見所ですね。

    投稿日:2017/08/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地獄テイスト

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子21歳、男の子18歳

    まずこの発想にびっくりです。
    地獄のえんまさまが、天国に対抗して、地獄特製のラーメンを考案するのです。
    でもやっぱり、地獄テイスト(見た目が血の池(-_-;))、唐辛子たっぷりの激辛ラーメン。
    当然誰にも受け入れられないのですが、ある日、天国のご一行様が試食にやってきて、
    お地蔵さまだけが完食。
    その顛末も、見事に着地してお見事です。
    負けず嫌いで、勢いで返事してしまう、えんまさまの造形も笑えます。
    地獄の情景や、えんまさま、ほとけさまなどの知識がないと、
    このデフォルメは理解しにくいかもしれません。
    小学生くらいからの方がいいかもしれませんね。

    投稿日:2015/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地獄も天国に変わる愉快さ

    地獄と聞いて、はじめはすごく怖いお話だと思って聞いていました。地獄って怖いはずの場所なのに、この絵本のなかの地獄は楽しい。地獄も天国に変わる愉快さです。
    読むと娘は必ず「ラーメン食べたい」って言います。

    ストーリの面白さに西村繁男さんの絵がぴったりです。
    子どもだけでなく、大人が読んでも面白いです。

    投稿日:2013/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヒットです

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    笑える絵本です。

    少し前に、地獄の恐ろしさと天国の素晴らしさを説いた仏教のマンガ絵本を息子がこわごわ見ていたので、今回はビックリ仰天な顔で聴いていました。

    この絵本だと地獄は恐ろしいってイメージはあまりないので。

    えんまさまが作ったのは「血の池ラーメン」という激辛ラーメン。
    これを食べ切れたら天国に行ける!!!
    地獄の恐ろしさを知らないと、何とかして食べなくちゃっていう人間
    の気持ちや、「ぜんぶたべたら天国へいける」ののれんに笑っちゃうユーモアはちょっと子供には難しいのかも。
    でも、普通におもしろい絵本なので、息子たちには大ヒット!!

    でもなんでお地蔵様だけは食べ切れたのかな??

    投稿日:2011/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • どれくらい辛いのかな?

    息子が保育園の進級お祝いで戴いてきた本です。

    地獄に住んでいる人たちは天国生活が羨ましくて仕方がない。
    そんな愚痴を小耳に挟んだ負けず嫌いな閻魔さまが「ちのいけ」ラーメンを作ると…。

    「ちのいけラーメン」と言う言葉は、子供心に少しドッキリしたみたいです。
    「血のように赤いスープのラーメンだよ。」と言うと安心したようですが、地獄だから血の池という事が理解できる年になったんですねぇ。

    さてその「ちのいけラーメン」とある理由から大繁盛するのですが、あまりの辛さに誰も食べることができません。
    息子も「こんなの食べたら口から火を吹くーーー!」と絶叫。

    しかし、天国から来たある人がぺろりと食べちゃったのでびっくり。
    息子、ちょっぴり尊敬のまなざしです(笑)

    表紙絵と題名からは想像がつきませんが、ある意味ファンタジー的な要素も含んだ絵本だと思います。
    子供の空想の世界って、こういう事も起こりうるんだろうなって思ってしまうような。

    読み手の方は、閻魔さまになってみたり天国の人たちの京都弁のしゃべり方をしてみたりと、抑揚をつけるのがまた楽しい絵本です。

    ところで、「ちのいけラーメン」ってどれくらい辛いのかしらねー?

    投稿日:2011/07/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • がんばる閻魔さま

    • ふきままさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子8歳、男の子5歳

    嫌われている地獄を、閻魔さまがなんとか人気のあるところにしたいと思ってラーメン屋を始めたら。。。というお話。

    なんといっても閻魔さまの顔が良いです(笑)。

    感想は、、、正直、天国の良さがあまり伝わってこないので「そんなに天国に行きたい??」と思っちゃうところもあるんですが、ラーメン好きな子どもたちは喜んでいました。クスッと笑えるお話ってかんじ。

    投稿日:2011/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど。

    タイトルだけ見ると

    ちょっとこわいかな?と思ったけど

    読んでみたら全然そんなことない。

    蜘蛛の糸の話みたいな展開かな?と思っていたけど

    そういうお話でもなく、

    最後は地獄も天国もよいところ・・・

    みたい感じで終わった。

    辛いラーメン食べたくなるよ。

    投稿日:2011/05/23

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / 14ひきのあさごはん / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット