貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

あらいぐまとねずみたちふつうだと思う みんなの声

あらいぐまとねずみたち 作・絵:大友 康夫
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1977年4月1日
ISBN:9784834005219
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,500
みんなの声 総数 43
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 助け合い

    • キンコママさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子4歳、男の子2歳、男の子1歳

    あらいぐま一家の家からじゃがいもが盗まれた。犯人はねずみ。あらいぐまはねずみ達をこらしめますが、ねずみは必死に何とかして欲しいと訴えます。そこであらいぐまの母さんは提案します。その提案とは・・・違う生き物同士が助け合って一緒に何かの目的を果たす・・とても大切な事。子供達へも助け合うことの大切さを教えれる、いい機会になった1冊です。

    掲載日:2008/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいあらいぐま

    あらいぐま一家を襲ったジャガイモ泥棒を捕まえる為に動き出した一家が見た光景は・・・
    なんとも楽しそうに遊ぶねずみたち。

    ジャガイモ運びを手伝ってくれたお礼にと、あらいぐま一家はねずみたちの家作りを手伝います。

    あらいぐま一家とねずみたちの優しさ溢れる、心温まる一冊です☆

    ねずみたちは「ぐりとぐら」の絵本が大好きなんですね♪

    掲載日:2007/11/07

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はるがきた
    はるがきた
    作・絵:ロイス・レンスキー 訳:さくま ゆみこ 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    おひさま ぽかぽかかぜは さわやか


『しりとりしましょ!巻物えほんキット』<br>さいとうしのぶさん インタビュー<br>

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット