宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

このあいだに なにがあった?なかなかよいと思う みんなの声

このあいだに なにがあった? 作:佐藤 雅彦 ユーフラテス
絵:佐藤 雅彦 ユーフラテス
出版社:福音館書店
本体価格:\390+税
発行日:2010年04月
評価スコア 4.36
評価ランキング 11,810
みんなの声 総数 10
「このあいだに なにがあった?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 目の付け所が…!

    • あみむさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子12歳

    小学校で読み聞かせボランティアをしています。
    5月に2年生に読む本を探していて、
    ちょうど前日が金冠日食の日だったので、
    この本を見つけたときは「おお〜っ!!」と
    嬉しくなりました(日食がテーマのページもあるので)。

    中1の息子を練習台によんだら、
    「この本面白いね〜!」
    「でも、読み聞かせじゃなくて、自分でページをめくって
    楽しむ本だよね。」…と。
    …確かに。文章も少ないので、使い方も難しいかも。
    (少人数だったら楽しいかと思いますが)。

    目の付け所の面白い本でした。
    お風呂は…やっぱり〜!とか、笑えました。
    裏の表紙まで楽しめます♪

    投稿日:2012/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後の方は??

    連続写真の真ん中がポンと抜けていて
    抜けた部分の写真を読者に想像させる写真絵本です。
    フサフサのひつじ⇒毛が無くなったひつじ
    ・・・というカンタンなものから
    難しいものまで子どもたちの好奇心を掻き立てる作りになっていますね。
    一番笑っていたのはお風呂のシーン。
    間でこんなことがあったのねと私もクスっ^^
    一番最後の写真は私も説明するのが難しかったけど
    親子でとても楽しく読みました

    投稿日:2010/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • う〜ん

    • 白ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    佐藤雅彦+ユーフラテスの絵本が届くと毎回夢中になる息子でしたが、こちらを楽しむには、経験や知識が足りていないようでした。
    前の写真と後の写真、その間に何があったか想像してみるという絵本なのですが、羊の毛刈りも知らないし、船の浸水式も知らないし、マラソンも見たことがなくて、「ああ!」と思うシーンが少なかった様子。

    背表紙の日食の間の月の影の落ちた地球の写真も素敵ですので、お見逃しなく!

    投稿日:2010/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 答える練習♪

    自分で読んだ時に、答えの写真を見ていたのでしょう。
    わたしが読み聞かせで答えを聞いた時には
    (羊)「えっと〜、ごろんって寝て・・・」
    なんて、写真の様子をそのまま話していました。

    思ったままを口にして、いつも「?」な会話をする息子の
    練習になるかしら!?と、ちょっとがんばって説明させてみる事に。
    ほらほら、何が変わってる?比べて比べて・・・・
    「ヒツジの毛が短くなったー」

    ドリル的使い方をしてみました♪

    投稿日:2010/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 単純に楽しい

    • 1姫2太郎ママさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子16歳、男の子14歳、男の子 6歳

    単純明快、爽快感があります。表紙の写真からも分かるように毛むくじゃらの羊が1頭、題名をはさんでやせ細ったヤギかと思う羊が1頭。こう書いただけで分かってしまう写真が、あまり共通性のない10タイプ程紹介されているのです。どれも6歳の息子は簡単だよ、と言いながら次のページをすばやくめくっていました。分かっていても自分の考えた答えと合っているか嬉しそうに確かめるのです。そして巻末には丁寧にあいだにあったできごととして回答がかかれています。それを読んであげるとまた最初から頁をめくりながら確認しているでした。
    絵本ではないのですが、繰り返して読んで!と言われた絵本と同じような感覚を覚えました。

    投稿日:2010/04/22

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット