話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる

点子ちゃん」 その他の方の声

点子ちゃん 作:野田 道子
絵:太田朋
出版社:毎日新聞社
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年09月
ISBN:9784620200262
評価スコア 4.2
評価ランキング 21,014
みんなの声 総数 9
「点子ちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 点字の大切さの本

    この作品は、新聞会社の毎日新聞社が刊行した本の一つです。

    また、毎日新聞社には、点字毎日という点字の新聞があります。その90年の歴史を持つ新聞会社から未来の大人たちへのメッセージの本でもあります。

    内容は、点字に関する物語の本です。

    小学校に通う上野一平は、とある日、転校生がくることになりました。名前は、泉川カレン。視覚障害者の女の子です。

    カレンちゃんのあだ名は、点子ちゃん。点字を読んでいるからそう呼ばれたそうです。ちなみに、一平くんのあだ名は、お水です。

    そして、点子ちゃん(カレン)とお水(一平)の二人の物語が始まります。

    この作品を読んで、今までに気付かなかった、視覚障害者の人の事を考える機会になりました。この作品を読んで、点字のことを学べてとても良かったと思います。身の回りにも色々な点字があることを気づいて、視覚障害者の事について、再発見しました。

    点字についての作品を読んでとてもいい勉強になりました。

    ぜひ、読んでみて下さい。

    投稿日:2010/09/02

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



1月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット