新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる

いいおかお」 パパの声

いいおかお 文:松谷 みよ子
絵:瀬川 康男
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
税込価格:\770
発行日:1967年04月
ISBN:9784494001026
評価スコア 4.54
評価ランキング 6,815
みんなの声 総数 232
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 優しい色使い

    • キースパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    柔らかな色味とトボケタ表情の猫が面白い絵本です。
    生後半年になり、急に色々なものに興味を持ち始めた様子の娘に読んだところ、静かに話を聞いてくれました。
    大人から見ても優しい雰囲気の絵本なので、読んでいて癒されます。

    投稿日:2013/08/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 顔が

    うちの娘のお気に入りで1日に何度も読んでます。題名は「いいおかお」 なのですが、描かれている顔が眠っているように見えて微笑んでいるようには見えないです。表紙の猫はいいおかおをしてるんですが、なぜ中に登場する子供や動物の顔が寝顔のようなのか、不思議です。実際娘も「ねんね」と指差して言ってるほどです。でも気に入っているようなので親としては良しかな〜と思います。

    投稿日:2010/08/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ♪歌わずには読めません♪♪

    松谷みよ子先生の、赤ちゃん絵本シリーズは
    何冊か出ておりますが、
    我が家では、これと
    「いないいないばあ」を購入しました。

    選んだ理由は、絵本ナビでの評価が高いから、です。

    ふうちゃん(主人公の女の子)が
    「いいおかお」をしているところへ、次々と
    ねこ、いぬ、ぞうさんがやってきて、いっしょに
    「いいおかを」します。
    いってしまえば、ただそれだけの単純な話なのですが、
    シンプル・イズ・ベストだと思います。

    ふうちゃん、のところは娘の名前に置き換えて
    読んでいますが、
    「○○ちゃんも、いいおかおですね〜」
    「ほら、ねこちゃんもすましていいおかおしてるね」
    等々とアドリブをいれながら読んでいます。

    が、これも実は
    絵本に先立って購入した「いないいないばあ」CDに
    曲が収録されておりますので、どうしても
    読むときに「歌」にひっぱられ、普通に読むことができません。

    何とか節をつけないように読もうと努力しても、
    曲のイメージが頭から離れないので、知らず知らず
    歌っています・・・。
    ので、最近は最初からあきらめて、歌いながら読むことに
    しました。(その方が王道なのかもしれませんが)


    ちょっとだけ、文句を言うと、最後のおかあさんが
    ビスケットをくれるくだりが、見開きでおわっているので
    読ませずらいということ。
    できれば、ビスケットをくれる場面と、
    それをみなで食べて、「ああ、おいしい」としている
    場面を分けてほしかったです。

    まあ、そんなことは些細なことなので、
    「いないいないばあ」と合わせて
    ぜひ本棚においておきたい絵本だと思います。

    投稿日:2009/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • やはり良い

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    松谷 みよ子さんの「あかちゃんの本 全9冊」は、そのうちの5冊がミリオンセラーという超人気シリーズです。
    この作品は、1967年の初版で既に148万部の発刊を誇ります。
    「いないいないばあ」も同じコンビで同時期に出版されています。

    「いないいないばあ」の陰に隠れていますが、この「いいおかお」という響きがたまらなく良いです。
    今回の絵はあまり好きではないですが、いいおかおをしているシーンは味があって、心を和ませてくれます。
    いいおかおは?というシーンに欠かせない絵本と言えそうです。

    0〜2歳児あたりにオススメします。

    投稿日:2008/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつも本棚に・・・

    この本は、義母の友人から、息子が生まれた時に頂いたものです。
    息子はいまいちお気に召さなかったようです。
    他の絵本は「これ読んで!」と出してくるのですが、この本が本棚から出てきたことはありません。
    表のきれいな黄緑色とは裏腹に、中は結構色使いが地味だからかも知れません。
    ふうちゃんもねこもいぬもぞうも、まつげの長いクリッとした目でかわいいのですが・・・。

    投稿日:2006/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • はじめての読み聞かせに最適です。

    • Sugiさん
    • 30代
    • パパ
    • 東京都
    • 女の子4歳、男の子0歳

    「いないいないばぁ」とセットで購入しました。
    1歳くらいの子に寝る前の読み聞かせには最適でした。
    子供からは「いないいないばぁ」の方がリクエストが多かった気がしますが、僕はこちらの方が好きでした。
    このくらいの本から、絵本を読む習慣をつけてあげるといいんだと思います。

    投稿日:2004/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 0〜2歳までに読むのがベスト

    2歳になった娘に読ませました。
    ちょっと読ませるのが遅かったようで、興味をみせません。
    子供によっては喜ぶのではないかと思いますが、0〜2歳までに読むのがベストだと思います。

    投稿日:2004/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ビスケットがおいしそう!

    • BENさん
    • 30代
    • パパ
    • 新潟県
    • 女の子1歳

    「いないいないばあ」でおなじみの松谷みよ子さんの人気の絵本。
    ふうちゃんや動物たちがいいおかおしてたらお母さんがビスケットをくれるお話。
    特に最後に出てくるビスケットが子供の目にはすご〜くおいしそうに見えるらしく、娘はそこにくると手をはたいて大喜び!そのビスケットをつまんで自分で食べたり僕やむいぐるみにもくれたりしてニッコリ。
    又この本を読んで以来、「いいおかおは?」と聞くと「にっ」と笑っていいおかおをつくるようになりましたよ。

    投稿日:2003/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • はじめての絵本のプレゼントとして

    今15ヶ月のおとこのこのパパです。
    親戚に出産祝いにいただきましたが、すぐに活用できました。
    3ヶ月位から読み聞かせてあげていますが、いいおかおをして!っていうと、とてもかわいらしいかおをしてくれます。
    もう本自体はびりびりですが、未だにこどもはだいすきです。
    出産祝いにお困りの方、是非どうぞ。お洋服とかはもらっても着ることができる期間がみじかかったり、趣味があったりしますが、絵本はその子の一生の財産になる、と思います。

    今度頂いた親戚の方にあったら、いいおかお、してもらいます。

    投稿日:2002/06/17

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おやすみなさい おつきさま / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / パパ、お月さまとって! / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

みんなの声(232人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット